【東京五輪】金メダル候補!堀米悠斗(ほりごめゆうと)選手のプロフィールを大公開【スケートボード】

東京五輪の新種目に採用された「スケートボード」。
世界中で人気のスポーツですが、日本にも数多くの有力選手がいます。

中でも、「堀米優斗(ほりごめ ゆうと)選手」は、世界からも高い注目を集めるプロスケーターです。そんな、堀米優斗選手のプロフィールや実力をご紹介します。

スポンサーリンク

堀米優斗のプロフィール

名前:堀米 雄斗(ほりごめ ゆうと)
生年月日:1999年1月7日
年齢:20歳
出身地:東京都江東区
身長:170cm
体重:55kg
所属団体:LOWTOWN SKATE CLUB

堀米雄斗選手は、現在、二十歳のプロスケーターです。
6歳(小学1年)からスケートボードを始め、7歳になるとハーフパイプに挑戦するほどの実力を身に着けます。

2017年には、出場するだけでも難しいと言われる「ストリート・リーグ・スケートボーディング(SLS)」に参戦。
初出場ながら3位に入賞し、アジア人として歴史的快挙を達成します。

国籍はもちろん日本なんですが、現在はスケートボード中心の生活を送るべく、アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活躍されています。

堀米優斗の父親がすごい!?

堀米優斗選手には、同じくスケーターだった父がいます。
そもそもスケートボードを始めたのも、お父さんがやっていたからなんだそうです。

はじめは、お父さんが堀米選手のコーチを務めていました。
しかし、父の予想を遥かに上回るスピードで成長していったこともあり、小学校高学年になると、他のコーチに変わります。

当時、父から受けた「英才教育」の影響は大きかったようで、現在、堀米選手は日本で100人ほどしかいないプロスケーターの1人として世界で活躍中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました