【2022年最新】サーファーにおすすめ!車中泊に使える便利グッズ6選!

みなさんはサーフィンに出かける際、どのような交通手段を使われますか?重たい荷物のある方は、車を使われることも多いでしょう。

今回は、そんなサーファーの方に、車中泊で使える便利グッズを厳選して6点紹介いたします。

スポンサーリンク

1.ALPS OutdoorZ Redwood

重厚な長方形のスリーピングバッグ。

頭のてっぺんからつま先まで、高品質な素材が使われています。

日本人になじみのある布団の様な感触と温かさがあり、車の中でも快適に過ごすことができます。

-10℃前後の環境でも活躍するので、寒い季節に連泊される方にはおすすめです。

2.Sunflower Musk Wearable Sleeping Bag

高品質のアクリル繊維が使われた、超軽量シュラフ。

グースダウンの感触と暖かさを模倣し、デザインの機能性を高めています。

軽量で、ハイキング、キャンプ、サーフィンの車中泊に最適です。

外装はポリエステルで、防水性にも優れています。

3.Sportneer Wearable Sleeping Bag

手頃な価格ながら最新テクノロジーを取り入れたシュラフ。

低い気温でも暖かく過ごせるよう設計されています。

使われている綿は通気性が良いので、湿気は外に排出されます。

付属のキャリーバッグに簡単に収納でき、携帯性も抜群。

洗濯機で洗うこともでき、手入れも簡単です。

4.Coleman Brazos

日本でもお馴染み、「コールマン」が手掛けるシュラフ。

手頃な価格ながら保温性は標準以上。

デザインはシンプルで、携帯性にも優れています。

耐水性は低く、屋外には不向きのため、基本は車中泊など屋内専用となります。

5.Kelty Galactic 30

マミー型と封筒型、そのどちらの良さも取り入れた高性能シュラフ。

ただ、マミー型特有の閉塞感がなく、長時間快適に過ごせるのが特徴です。

軽量でコンパクトに収納でき、収納袋に入れればさらに圧縮できます。

窮屈なマミー型バッグが苦手な人は、このギャラクティックは一見の価値があります。

6.TETON Sports Polara 3-in-1

頑丈で保温性も高いシュラフ。

様々な気候、気温、季節に対応し、軽くて持ち運びやすいのも特徴です。

また、耐水性もあり、多少の水をこぼしてしまっても、生地が汚れたり劣化することもありません。

やや幅がせまく、体の大きな方に不向きな場合もありますが、温かさも快適さも抜群のアイテムです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました