【2020東京五輪】今から注目しておきたい イケメンサーファーランキング TOP9

2020年東京オリンピックの新種目に決まった「サーフィン」。
世界中に愛好家のいるマリンスポーツで、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、わくわくしますよね。
今回は、そんな東京五輪のサーフィンで注目のイケメンサーファーをランキング形式でご紹介いたします。

スポンサーリンク

9.ビリー・ステアマンド

すでに東京五輪への出場資格を得ている、ニュージーランドのプロサーファー。
同国では、リカルド・クリスティーに次ぐ実力者でもあります。

世界的な実績を持つ選手ではありませんが、それでも、同国では指折りの実力者です。
また、9月に日本の宮崎県で行われた「2019 ISAワールドサーフィンゲームス」にも参加しています。

東京五輪でのメダル獲得は、少し難しいかもしれませんが、その甘いマスクからは目が離せません。

8.ジェレミー・フローレス

フランス領の島・レユニオン島出身のプロサーファー。
3歳の時に家族旅行でオーストラリアを訪れたことがきっかけで、サーフィンにのめり込みます。

ただ、地元のレユニオン島では自身の近親者も含め、サメ被害に悩まされていることから、サーフィンというスポーツに対しては、長年疑念も抱いていたとも話します。

2019年のCTランキングは、フランス勢ではトップの9位をマーク。
モデル顔負けのイケメンで、競技以外の場面でも注目度も高い選手です。

7.オーウェン・ライト

この投稿をInstagramで見る

Plently to smile about!! Check out @justinjayphoto he captures all the behind the scenes of the month the tour spends in hawaii every year

Owen Wright(@owright)がシェアした投稿 –

「2019年CTランキング7位」にして、オーストラリアを代表するサーファー。
“ワイルド系イケメン”で女性人気も高い選手です。

2015年には、練習中に外傷性脳損傷の大けがを負いますが、約一年にも渡る懸命なリハビリを経てカムバック。
一時期はスランプに陥りますが、2019年は安定した成績を残しています。

サーフィン初採用となる東京五輪で、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、期待が膨らみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました