【2020東京五輪】人気のサーフィン強化指定選手6名

2020年の東京五輪の「サーフィン」の強化指定選手は、ジュニアを含めると75名になります。
今回はその中でも人気があり、活躍が期待できる選手を6名ご紹介します。
どの選手も実力があるので迷ってしまいますが、特に注目の選手を選びました。

スポンサーリンク

1.村上舜(むらかみ しゅん)

プロフィール

誕生日:1997年3月3日

出身地:神奈川県湯河原町

身長:166cm

体重:58kg

小学校2年生の頃から父親の影響でサーフィンを始め、その後メキメキと上達し、10歳の頃には早くもコンテストに出場しています。
そして2011年、NSAの『ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES』メンズオープンで優勝を飾りました。

また2012年のNSAのボーイズでタイトルを獲得し、WSLイベントにも出場し始めています。
2013年には海外のQSにも出場、日本では宮崎の『Malibu Hyuga Pro』で初優勝の成績をあげました。
2014年からはハワイでの「Volcom Pipe Pro」を始め、本格的にクオリファイを目指して世界を転戦し、QSランキングの最高位は2016年の92位となっています。

日本のプロツアーJPSAでは2015年から2017年まで3年連続で新島で優勝、2017年、2018年と2年連続で仙台新港で優勝しています。
JPSAでの最高ランキングは2016年の7位。

「ISAワールドサーフィンゲームス」では2年連続で日本代表に選ばれ、いずれもファイナルまで残り、4位のカッパーメダルを獲得しました。

そして暫定的ですが2020年東京オリンピックの出場権、アジア枠の一つを獲得しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました