【2020年最新】四国・九州のおすすめSUPスポット7選!景色が楽しめるのはここ!

サーフィンやカヌーとも異なる新たなスポーツとして、近年日本でも人気の「SUP」。

今回は、そんなSUPを楽しみたい初心者の方に、四国・九州エリアで景色が楽しめるおすすめスポットを厳選してご紹介します。

 

スポンサーリンク

7.九十九島(長崎)

長崎県にある200を超える島々からなる「九十九島(くじゅうくしま)」では、近年SUPを楽しむ方が急増中。

リアス式海岸と大自然が自慢の島では、他にはない独特な景観を楽しむことができます。

一年を通じて波も比較的おだやかで、のんびり悠々自適にSUPを楽しみたい方にも最適なスポットです。

アクセス方法が限られるため、島民や佐世保市民以外の方で訪問を検討される場合はあらかじめ確認しておきましょう!

6. 福津(福岡)

福岡北部の福津も、SUP愛好家には有名なエリアです。

福津周辺には福間海岸や白石浜海水浴場など、夏になると九州中から多くの海水浴客が訪れる著名なビーチがありますが、とにかく水質が抜群にいい!

もちろん透明度も高いので、運が良ければSUPをしながら魚に会えるかも!?

夏は海水浴シーズンと重なり混み合うこともあるので、時期をずらすと周りを気にせずマイペースに楽しめます。

車はもちろんのことながら、電車やバスを使ってアクセスできるのも大きな魅力。

5. 肱川(愛媛県)

“肱川あらし”でお馴染み、愛媛県の肱川では近年、SUPを楽しむ人の姿が急増しています。

水害も少なくありませんが、普段の肱川はおだやかで美しく、四季折々の姿はどれも絶景!

桜、鉄道、霧、城が一度に楽しめるのは、日本広しといえどもここぐらい。

流れはおだやかで、川幅も十分なので、SUPを始めたばかりの人にもおすすめです。

四国在住の方にとって、肱川以上のSUPスポットは無いかもしれません。

4. 壱岐・対馬(長崎県)

長崎県にある“国境の島”「壱岐・対馬」でも近年、SUPを楽しむ人の姿が増えています。

もともとシュノーケリングやダイビングと言ったマリンスポーツが盛んに行われてきた土地でしたが、大自然を求めてSUP愛好家が多く訪れるようになり、今ではツアーやレンタルショップも充実。

ここまで透明度の高い海でSUP体験ができるのは、日本全国でも壱岐・対馬くらい。

残念ながら、ロケーションやアクセス面から島民以外が日帰りで楽しむことは困難。

夏休みなどの長期休暇を利用して、是非訪れてみたい魅力あふれるスポットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました