【雪がなくても楽しみたい】西日本エリアのおすすめゲレンデ ランキングTOP8【スノーボード】

西日本は、東日本や北日本と比べて雪が積もりにくいエリアです。
そのため、西日本エリアにお住まいの方は、ウィンタースポーツを諦めていませんか?
でも、大丈夫!西日本にも素晴らしいスキー場はあります。
今回は、そんな雪の少ない西日本で、特におすすめしたいゲレンデをご紹介します。

スポンサーリンク

8.芸北国際スキー場

雪がそう多く降らない広島県にあって、北部にある「芸北国際スキー場」は標高も高く、積雪量に恵まれています。
とは言え、12月のオープン直後は雪不足のため、満足に滑ることはできません。

満足な積雪量となるのは、例年、年明け1月中旬頃となります。
ハイシーズンになると、十分な積雪量を確保でき、ゲレンデ自体も広く開放感を味わえます。

コースの種類も豊富なため、幅広い客層でにぎわうゲレンデです。
施設も充実しているので、滑っていない時も楽しめます。

7.京都広河原スキー場

この投稿をInstagramで見る

ボード歴まぁまぁ長いけど、京都にゲレンデがあったなんて…(^^;; #京都広河原スキー場#雪遊び#ソリ

Kazuya(@kazu_10.14)がシェアした投稿 –

現在、京都市内で営業されている唯一のスキー場。
「雪」のイメージすら湧かない京都市内の中でも、ゲレンデのある丹波高地は豪雪地帯となるため、積雪量は多く、雪質自体も良好です。

最長滑走距離は700mと、平均を大きく下回るため、ロングラン滑走は不可。
それでも、アクセスのよさは何物にも代えがたく、雪遊びを楽しむ子どもの姿も目立ちます。

こじんまりとしていて、目立った施設もありませんが、関西圏にお住まいの方は日帰りで楽しめるゲレンデです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました