【天才スケボー少年】トミー・カルバート(Tommy Calvert)を徹底解剖!

東京オリンピックを契機に注目度が高まっている【スケートボード】。国内・海外の選手の活躍に感動した方も多いと思います。

早くも2024年のパリ大会に向け動き出すなか、今回は11歳の天才スケボー少年、トミー・カルバート(Tommy Calvert)選手を紹介いたします。

スポンサーリンク

トミー・カルバートのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tommy Calvert(@tommysonic2010)がシェアした投稿

名前:トミー・カルバート(Tommy Calvert)

生年月日:2010年

出身:カリフォルニア州サンディエゴ

国籍:アメリカ

スポンサー:Shoutout to all my Venice crushers, Powerflex Wheels(flow), Supra, 187 Killer Pads, Greenroom Skate and Surf Shop

空飛ぶ11歳!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tommy Calvert(@tommysonic2010)がシェアした投稿

アメリカ・カリフォルニア出身で、パリ五輪での活躍が期待されている11歳、トミー・カルバート選手。

軽やかで11歳とは思えないテクニックから「空飛ぶ11歳」「空飛ぶ少年」などとも呼ばれています。

「たまに寝るときに、空を飛んでいるふりをして、新しい技を学んでいるんだ」とも語っています。

週5日カリフォルニアで才能を磨き、常に新しいトリックを学んでいます。

アイドルは同郷のレジェンド、トニー・ホーク!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tony Hawk(@tonyhawk)がシェアした投稿

カルバート選手は、同じカリフォルニア出身でスケボー界のアイコンと言える存在のトニー・ホークを目標としています。

トニー・ホークは”神”と崇められ、日本でもスケボーファンのみならず知名度・人気の高い選手です。

「彼を超える選手が現れることはないのでは?」と、された時期もありましたが、11歳の神童も、様々な伝説を作っていきそうです。

2024年パリ五輪出場が目標!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tommy Calvert(@tommysonic2010)がシェアした投稿

レジェンド、トニー・ホークと肩を並べられるよう、本人は2024年のパリ夏季オリンピックに出場したいと度々コメントしています。

今回、日本でも大きな盛り上がりを見せたスケートボード。

カルバート選手を含め、2024年のパリではさらに進化したスケートボードが見れそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました