【東京2020】平野歩夢選手のスケートボードの実力とは

この投稿をInstagramで見る

撮影📽🔥 @monsterenergy @gopro #gopro

AYUMU HIRANO(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿 –

今回は平野歩夢選手のスケートボードの実力について少し深掘りしていこうと思います。

2020年の東京オリンピックの新競技となったスケートボードですが、平野歩夢選手が出場するということで、最近話題になっていました。

平野歩夢選手は元々スノーボードのハーフパイプという競技で2014年と2018年のオリンピックで銀メダルに輝いています。

2014年のオリンピックでメダルを獲得した時はまだ中学生だったわけですからもの凄い選手ですよね!!

そんな凄い平野選手がスケートボードの競技に力を入れ始め、2020年のオリンピックに向けて練習をしているわけです。

スポンサーリンク

幼少期にスケートボードもやっていた

この投稿をInstagramで見る

Aomori🌲 @aomorispring @burtonjapan

AYUMU HIRANO(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿 –

・名前:平野歩夢
・生年月日:1998年11月29日
・出身:新潟県
・所属:木下グループ

平野選手は4歳の頃にお兄さんの影響で、スノーボードとスケートボードを始めてますね!!
なので、まったくの初心者というわけではないです。

また、8歳の時には技などもしていて周囲を驚かせていたほどの実力です。
小学4年生でスノーボードブランドで有名な『バートン』と契約をしています。
10歳でプロ契約は凄すぎますね!!

さらには、スノーボードの技の土台になっているのはスケートボードですし、スノーボードのトレーニング練習にスケボーを使って練習してたみたいなので、確実に力はありますよね。

スケートボードでオリンピック出場は昔からの夢でもあったようで、もしオリンピックの大舞台でスケートボードを披露できたら、夢を叶えたことになるので、凄いですね。

子供からの夢がほんとに叶う人なんて一握りですからね!!

平野選手のこれまでのスケートボードの成績

この投稿をInstagramで見る

Air Maxのイベントきてます! #airmaxday @nikesportswear

AYUMU HIRANO(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿 –

平野選手のこれまでのスケートボードについての成績を紹介していきます。

1.日本オープン・パーク大会 第三位

こちらの大会は2020のオリンピックで新競技に入るスケートボードの強化候補選手の選考会を兼ねる大会でもあり、ここで成績を残せば、候補に入る可能性が上がる大会で見事3位に輝いています。

スケートボードを本格的に練習し始めてまだ間もないのに、ここまで成績を残すのはやはりすごいですよね!!
半端ない努力をしてきたんだと思います。

また、スケートボードのランキングは日本人トップの26位と、十分にオリンピックの出場圏内なので、是非頑張ってほしいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました