【東海】人気のあるおすすめスケボーパーク6選

中津川公園 スケートパーク(岐阜県)

「中津川公園スケートパーク」は2009年4月にオープンした、比較的新しいパークです。面積は1,716平方メートルでフルコンクリートになっています。

バラエティに富んだセクションがバランスよく配置されて、初級者から上級者まで楽しめる造りなので、AJSAの大会やコンテスト・イベントにも利用されることもあるのが特徴です。

またこのパークは公営なので最初に手続きをすれば無料で利用できます。何度も練習したい方には嬉しいことですよね。土曜・日曜も利用できますから、休日を練習にあてることも可能です。

中津川公園 スケートパーク

DrivE SKATE PARK(愛知県)

この「DrivE SKATE PARK」は屋内のパークで、2017年1月にオープンしました。

パークの特徴としては、屋内なのでどうしても広さの面では他のパークに比べると狭く感じるかも知れませんが、その代わり全てのランプのコーピングに、スケボーの本場であるアメリカのパークで使われている、「直径約60mmもの太いアメリカンコーピング」を採用していることが挙げられます。また面のトップにMDFボードが使われているため、ストレスなくスムーズに滑走することができます。

レンタル用品も充実していますし、利用料金は平日で1,000円・土日祝は1,200円で、朝から夜まで練習することができます。

DrivE SKATE PARK

B7 EAST SHOP(三重県)

View this post on Instagram

おしらせ 三重県は緊急事態宣言が解除されましたが、B7ではショップの短縮営業(11:00am〜5:00pm)、パークの営業自粛をしばらく継続いたします。なぜなら、今の段階で元の営業状態に戻したら「三密」になり継続するのが100%不可能だからです。あと暫く様子を見てから少しずつ元に戻していきたいと思います。みんなにはお願いしてばかりですが、あと少しの我慢と協力をよろしくお願いいたします。我慢させた分喜んでもらえるようにします。頑張ります😆 みんな愛してるぜ〜🛹 #b7eastshop #b7skatepark #b7

A post shared by B7 EAST SHOP (@b7eastshop) on

「B7 EAST SHOP」はショップに併設されたスケボーパークで、25年の歴史がありますが、今年の6月1日にリニューアルされ、県内外で人気のパークになっています。

このパークはセクション類が充実していて、中でも約80cmの高さを誇るレッジは、スケートパークでは国内最高峰の高いレッジとして有名です。このような設備が整っているので、初心者から上級者まで思い思いの練習ができます。

また利用料金はパーク会員になれば、1日600円 / 1時間300円と格安になります。(もちろん会員にならなくても一般料金で利用できます。)

そして初心者には嬉しいスクールも開催しているので、早く滑ることができるようになりたいと思っている方は、参加してみるのもいいかと思います。スクールは予約のプランもあるので事前に確認されることをお勧めします。

B7 EAST SHOP

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました