【2020東京五輪】人気のサーフィン強化指定選手6名

2.川合美乃里(かわい みのり)

プロフィール

誕生日:2000年12月14日

出身地:徳島県

身長:161cm

両親の影響で6歳からサーフィンを始め、7歳で初めて出場した大会で2位に入るなど、早くからその才能を開花させました。
13歳の時には日本プロサーフィン連盟 (JPSA)において、当時の史上最年少プロサーファーとなっています。

家族からの絶大なサポートの甲斐もあり、2016年にはJPSAグランドチャンピオンを獲得。

2017年には海外の強豪を抑えて日本人女子として初めてWSL QS3000グレードの大会、「ICHINOMIYA CHIBA OPEN(一宮千葉オープン)」で優勝するなど、大躍進を続けています。

今後は、世界最高峰のリーグ、WSL CT(ワールドサーフリーグ チャンピオンシップツアー)に参戦することと東京五輪への参加を第一の目標にして、WSL CTの2次リーグであるWSL QS(ワールドサーフリーグ クオリファイングシリーズ)の大会を中心に世界中を転戦していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました