【サーフィン】冬だから、海に行こう♪初心者サーファーも楽しめる3つの理由

「今年こそ、サーフィンにチャレンジしようとしていたけどまた夏が終わってしまった」という人、結構いらっしゃるかと思います。

サーフィン好きな私も、同じ理由で3年ほど見送った過去があります。
暑い夏だからこそ、海に行きたいしスポーツもできて最高!と思うんですよね。

でも!今だからこそ、声を大にして言えることがあるんです。
それは
「冬こそ、サーフィン始めるチャンス!」と言うことです。

マリンスポーツなのに冬にやるの?と疑問に思う方に向けて冬こそ、サーフィンを始めてほしい理由を解説していきます。
この記事を読んだら、海に向かいなくなること間違えなしです!

1.混み具合が違う

さらりと書いていますが、ここって実はとっても重要です。
特に初心者さんに向けては、大事なポイントです。サーフィンを始めとしたマリンスポーツは大半の人が「夏のスポーツ」だと思っているんです。

でも実際にはじめて思った事は、マリンスポーツって年中楽しめるスポーツという事に気付きました。
そう、冬でもサーフィンはできるんです!
でも、大半の人は夏にサーフィンに挑戦するので、冬は空いています。

練習したくても、周りにサーファーがたくさんいたら、しかも何かも拍子に上手い人の集団に入ってしまったら、初心者にとってはただただ心臓に悪いだけになってしまいます。

だから冬のうちに練習を積んで置く事は、本当にオススメです。
陸サーファーを目指すのではなく、本気でサーフィンにトライしたい人には心から冬にトライすることをオススメします。

また、混み具合が違うのは、波の上だけでは無いですよ。
サーフショップの混み方も全然違います。
体験教室などの先生も少人数で対応してもらえる事も多いです。

やっぱり最初のうちは、人に教えてもらいながら練習するのが上達のコツです。
夏だとサーフショップもてんやわんやなので、ゼロから教えてもらうのは冬の方が安心してスタートできます。

あと冬にサーフィンをしに来るという事は、本気の人が多いです。
そのコミュニティも楽しかったりするので、人の輪も広げたいと思う人にもオススメのシーズンです。

2.波の質が全然違う

サーフィンの魅力はやっぱり、波に乗る事ですよね。
でも、どんな波でも言い訳ではなくて、サーフィンに向いた並の形があります。

私自身も、どうせ乗るなら、形の良い波に長い時間ライドしたいし、この記事を読んでくださっている皆さんにも、そんな体験をして欲しいと思っています。

ポイント毎に事情はちょっと変わってきますが、太平洋側でしたら、千葉よりも北では、冬になると風の影響で良い波が立ちやすいです。
また、日本海側では、北風の影響を受けて波が立ちやすいです。
この条件は冬限定なので、冬こそがベストシーズンになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました