【可愛い♡】サーファー野中美波まるわかり

 

東京オリンピックから正式種目となるサーフィン。日本には優秀な女子選手も多く、野中美波選手もその一人です。

今回はそんな野中美波選手を詳しく解説しちゃいます。

スポンサーリンク

野中美波のプロフィール

名前:野中美波

かな:のなかみなみ

ローマ字:Minami Nonaka

生年月日:2001年8月22日

出身地:埼玉県三郷市

ホームポイント:千葉・東浪見

身長:148cm

出身高校:明聖高

趣味:韓国ドラマ鑑賞

所属:ムラサキスポーツ

主な戦歴:

WSL Junior Tour WJC Asia Championship:3位(2019)
ISA 2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship:3位(2018)
WSL Junior Tour Minami Boso Junior Pro:2位(2018)
WSL/QS1000 Jordy Smith Cape Town Surf Pro:優勝(2018)
JOC 第25回ジュニアオープンサーフィン選手権大会:優勝(2017)
JPSA 伊豆下田 CHAMPION PRO:優勝(2017)
NSA ジュニアオープンサーフィン選手権大会:優勝(2016)
WSL&JPSA 夢屋サーフィンゲームズ田原オープン:3位(2016)
WSL Minami Boso Junio Pro:2位(2016)

148cmながらパワフルさが持ち味!

野中美波選手のご両親はともにサーフィン経験者です。

そんなことから、自然とサーフィンに触れる機会があり、小学3年生の時に競技を始められます。

元々の運動神経もあり、競技開始間もなくして才能が開花。

中学2年の時にプロ試験に合格するなど、あっという間に全国クラスの選手となります。

そんな野中選手ですが、148cmと女子サーファーの中でも小柄な部類です。

ただ、非常に力強くパワフルな技を得意とします。

中でも得意なのは大技「オフ・ザ・リップ」

波が割れる反動を利用しボードを強く蹴り、角度を垂直にする技。

小さくても海外選手にも引けを取らない攻めの姿勢も魅力の選手です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました