【知らないと損!】SUPがもっと楽しめる方法6選

サーフィンに挑戦

サーフィンは大きな波に向かっていくのが醍醐味で、上手く波に乗れたら気分は最高!もうやめられません。

でもそこまでになるには、かなりの練習量が必要になりますし、それだけのテクニックを身に付けなければなりません。でもSUPでのサーフィンの場合、ボードがサーフボードより大きいため、簡単に漕いで波のあるところまで進むことができますし、これだと思った波を見つけたら、思った以上にラクに波に乗ることができます。

でも基本的なことは知っておかなければならないので、もしSUPサーフィンのスクールがあれば、最初は利用してみるのも良いと思います。

サーフィンをする時はさすがに静かな海や湾の中では難しいと思うので、サーフポイントも調べておきましょう。

レースに参加する

View this post on Instagram

Ryuko SUPレース出場 お知らせ 3/8 日曜  9:00-スタート予定。 横浜中心部である関内、関外地区の発展に貢献してきた大岡川・中村川・堀川をコースとして辿る、マラソンコース22km、ハーフマラソンコース11kmと国内有数のロングディスタンス SUPレースです。 予定しているコースは、横浜市役所の新市庁舎前から日ノ出町および石川町を経由して元町で折り返すコースで、大岡川沿いの遊歩道、中村川・堀川に隣接する中華街や元町、コース上に架けられる20本の橋上からも迫力あるSUPレースを多くの人々に体感して頂く事が出来るコースとなっております。 私は11キロにエントリー! ご都合つく方川沿いから応援お願いいたします。 Ryuko アカウントはこちら @ryuko726 #standuppaddle #sup #supレース

A post shared by TRY FOR (@tryfor_future) on

SUPでは速さを競うレースが行われることがあります。レースには全日本選手権や予選・ファンレースやドッグSUP、そしてジュニア部門などがあり、みんな楽しみながら良いタイムを出そうと頑張っています。

SUPは言うまでもなくマリンスポーツですが、波がなくてもできるので海だけでなく湖や川などでもレースが行われるのが良いですね。

経験が浅い方でもチャレンジしてみると、きっと思ったより楽しめることでしょう。結果はともかく、仲間同士でゴールに向かって進むことがワクワクするんですよね♪

カヤックでのんびり〜

View this post on Instagram

本日もたくさんのご参加、 ありがとうございました😊 ・ 太陽と海と風と皆様と‼︎ 楽しくて幸せなひと時‼︎ ・ ただ今、#アースシップ沖縄 では 3密回避と感染防止ガイドラインを遵守し、 6月は沖縄県民限定ツアーを実施中です! 1グループに1人のガイドがサポートします‼︎ 【最大50%OFF】 詳しくはプロフィールからHPをご覧ください。 ・ #沖縄観光 をご予定の皆様も #GoToキャンペーン を利用して、 お得に沖縄を楽しみましょう‼︎ #keeppaddling #stayokinawa #enjoysummer #earthshipokinawa #okinawa #seakayak #sup #yoga #沖縄限定 #梅雨明け

A post shared by アースシップ沖縄 カヤック&SUP (@earthship_okinawa) on

SUPとカヤックは別物と考えられがちですが、軽いボードならカヤックとして利用することができます。

ではどんなボードなら良いのか?と言いますと、重さが15kgくらいで表面が柔らかく、軽量な素材で作られたソフトボードが適しています。またボードにはSUPパドルが標準付属となっていますが、持ち手を外してブレードを取り付けて、カヤックパドルに変えます。

そうすればSUPをカヤックとして使うことができ、ボードの上に座ってのんびりと漕ぐことができます。景色を楽しみながら自分のペースで進むと、嫌なことも忘れそうな気がしますよ。

まとめ

SUPは新しいマリンスポーツですが、楽しみ方がいろいろあります。そして自分に合った楽しみ方を見つけるために、「これは面白そう!」と思ったことにチャレンジすることは良いことだと思います。きっとあなたなりの楽しみ方が見つかるはず。一人で出かけるのも良いし仲間と一緒でも良しなので、思いっきりSUPを楽しみましょう。初心者の方もスクールなどを利用すると、意外と早くコツがつかめるみたいですよ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました