【初心者必見】SUPで絶対に習得すべき6つのテクニック!

SUPは気軽に始められるイメージのあるスポーツです。ですが、水難事故も少なくないスポーツで、基本となるテクニックを習得せずに続けるのは危険。

そこで今回は、SUP初心者が習得すべき代表的なテクニックを紹介いたします。

スポンサーリンク

1.Stroke(ストローク)

「ストローク」と言っても、種類は様々です。

中でも、前に進む「フォワードストローク」や後ろに進んでいく「リバースストローク」は初心者に必要なテクニックになります。

SUPを楽しむ上で、パドリング技術の習得は不可欠です。

心者は座った状態で練習することもできるので、恐れず挑戦していきましょう!

2.Standing Up(スタンドアップ)

SUPの基本中の基本スキル。

「Stand Up Paddleboard」と名が付くほどなので、当然しっかりできていないと、SUPを楽しむことは難しくなります。

ボードの上で前向きに膝をつき、両手を前に出して足元を安定させてから立ち上がりるのが基本です。

その際は、膝を曲げて硬くなりすぎないよう心がけましょう!

3.The Catch(キャッチ)

SUPでは、パドルを完全に水に沈めた状態で掻き分け進んでいくのが基本。

その際、ばしゃばしゃ音をたてないことも重要になります。

水しぶきがほとんど上がらないよう抵抗を少なくし、スムーズなパドリングを心がけましょう!

4.Turning(ターニング)

のどかな川や湖で直線的に漕ぐのも気持ちがいいものですが、ターンの仕方はマスターしておくべきでしょう。

速く曲がるには、パドルで曲がる方向とは反対側に大きく掃引するように動かします。

この時、スイープする幅が広いほど、速く曲がることができます。

コツを掴むには時間がかかりますが、焦らず練習することで必ずマスターできるでしょう。

5.Recovery(リカバリー)

リカバリーフェーズは、ストロークとストロークの移行部分のことを言います。

パドルをリリースしたら、手首を内側にねじり、下の手の親指を後ろに回して90度回転させると、よりスムーズで速いリカバリーが可能です。

リカバリーは酷使した筋肉を休ませる重要な機会でもあります。

力を入れ過ぎず、ある程度リラックスした状態で行うのがコツです。

6.BACK UP(バックアップ)

水が荒れてきたときの対処法は必ずマスターする必要があります。

一人で出かけた際は、助けてくれる人がいるとは限りません。

強風や雨で水に落ちてしまった際、ボードを見失わないよう、予めリーシュを着けておきましょう!

先端からではなく、必ず広い部分から戻りましょう!

その際、スムーズに戻れないことも多いので、無理せず陸に戻ることも重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました