【SUP】世界最高のパドラー、マイケル・ブースのすごいプロフィール!

近年、日本でも競技人口が増えている「SUP」。海、川、湖、湾など様々な場所で楽しめ、サーフィンやカヌーと比べて年齢層も広い競技です。

今回はそんなSUP界でプロとして活躍するマイケル・ブース選手を詳しく紹介いたします。

スポンサーリンク

マイケル・ブースのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael BOOTH(@_michaelbooth)がシェアした投稿

名前:MICHAEL BOOTH
生年月日:1991年
国籍:オーストラリア
身長:172cm
体重:75 kg
居住地:オーストラリア、ニューサウスウェールズ州、ケイブスビーチ
趣味:サーフィン、ワイン、コーヒー、おいしい食べ物、旅行
SUPレース世界ランキング:3位
好きなSUPスポット:ホセゴール、サン・セバスティアン、マーガレット・リバー、パースの海岸線のダウンワインディング
スポンサー:Star Board,Shaw & Partners Wealth Management, Inamo Pay, Zazik, VMG Blades.
主な戦歴:
2019 ICF World Distance Race Champion
2x ISA World Distance Race Champion 16/ 18
3x Australian Distance Race Champion 15/ 17/ 18
3x Euro Tour Champion 17/ 18 / 19
Carolina Cup Champion 2018
APP London 2018 Champion

SUP界のシンボル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael BOOTH(@_michaelbooth)がシェアした投稿

オーストラリアの東海岸にあるケイブスビーチという小さな町で育ったマイケル・ブース選手は、オーストラリア、そして世界のSUPシーンでも「シンボル」的存在として広く知られています。

小さいころから恵まれた土地で、サーフィン、ライフセービング、サーフスキー、カヤックなどに触れ、2016年からSUPに専念。

子供の頃、彼は自分の好きなことをして生活したいと思っていたそうなんですが、夢が叶った形になっていますよね。

肉体的にも精神的にも強くカリスマ性もあり、SUPの広報活動にも力を入れています。

ワークアウト動画も大人気!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael BOOTH(@_michaelbooth)がシェアした投稿

マイケル・ブース選手ですが、172cmと小柄ながらも筋肉質で非常に引き締まった体をしています。

彼が、SNSで公開しているワークアウト動画は大人気!

おうちで誰でもできるトレーニング動画が多く、反響の大きさからも彼の人気・知名度の高さがうかがえます。

パリ五輪でマイケル・ブースが見れる!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael BOOTH(@_michaelbooth)がシェアした投稿

カヌーやサーフィン(東京大会から正式種目)と違い、五輪の競技ではないSUP。

しかし、SUPを五輪種目にとの声も根強く、パリではセーヌ川を会場に行われる案も出ています。

SUP界のレジェンド、マイケル・ブース選手が、いよいよオリンピックで見れるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました