【プロでも厳しい!?】上級スノーボーダーにおすすめのゲレンデランキングTOP7

テレビや雑誌で紹介されるゲレンデは、どれも初心者向けで簡単なものばかりです。
ここでは、本格スノーボーダーにおすすめしたい、難度の高いゲレンデを、厳選してご紹介します。

スポンサーリンク

7.ルスツリゾート

北海道にある、道内でも最大規模を誇るスキー場。
コース数は37本で、そのうちの約3割が上級者向けコースです。

最大斜度は40度で、ナイターを楽しむこともできます。

とにかくバラエティに富んだコースを楽しむことができ、一日で全てを回るのは、ほぼ不可能。
日帰りではなく、泊りがけで訪れるに最適なゲレンデです。

おいしい料理を提供してくれるレストランもあるので、滑り終えたあとにも楽しみが待っています。

6.キロロスノーワールド

View this post on Instagram

Last chance to lock in your pass for the season! Early bird price ends 6 December for lift pass and rentals and 15 December for Season passes. Don't wait and buy now! #linkinbio . . リフト券やレンタルをお得に購入するなら今です!リフト券とレンタルの早割は12月6日まで、シーズン券の早割は12月15日まで。今すぐウェブストアで購入を! . . #キロロ #キロロリゾート #北海道 #北海道旅行 #旅行 #冬休み #キロロスノーワールド #スキー #スノーボード #スキーリゾート #パウダースノー #ジャパウ #雪山 #スキー旅行 #北海道の雪 #リゾートホテル #kiroro #kirororesort #japow #kipow #powdersnow #hokkaido #skijapan #skiing #ski #snowboard #snowboarderlife #japan #snowboardlicious

A post shared by Kiroro Resort (@kirororesort) on

北海道・余市町にあるキロロリゾート内のスキー場。
規模が大きく、レストランや温泉と言った施設が充実していることから、家族連れにも人気のゲレンデ。

しかし、全コースの1/3以上が上級者向けとあって、全体的にはハイレベルなゲレンデです。
札幌はもちろん、新千歳空港からのアクセスも抜群なことから、外国人客も多く訪れます。

雪質がよく、大自然を味わうこともでき、さらには、ロングランコースが多いことでも人気です。

5.斑尾高原スキー場

長野県と新潟県にまたがる斑尾高原のスキー場。
100%天然雪のゲレンデは、オープン直後より積雪量もたっぷり。

中・上級者向けコースの割合も多く、県内はもとより全国から本格スノーボーダーが多く訪れます。

コース数も30を超え、バラエティに富んでおり、ツリーランコースの多さから自然を感じることができるのも斑尾高原スキー場ならではの良さ。

滑り終えたあとには、大自然が望める露天風呂が楽しめたりと、まさに一石二鳥です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました