【スケボー】初心者におすすめのトリック6選!

スケートボード初心者なら、誰もが「最初に何のトリックを学ぶべきか」と考えるでしょう。トリックはスケートボードの醍醐味ですが、まずは基本を習得する必要があります。さらにバランス感覚やボードを動かすコツも重要です。

今回は、スケボー初心者の方におすすめのトリックを6つご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.ヒッピージャンプ(Hippie Jump)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Izar Ormazabal(@izarsk8)がシェアした投稿

スケボーの基礎的なトリックとも言える「ヒッピージャンプ」。

このトリックは比較的簡単で、スケートボードの上でジャンプすることから始められます。

オーリーの練習をする前に、必ず覚えておきたいトリックで、デッキを弾かずにジャンプする感覚を掴めます。

慣れてきたらデッキを押してジャンプし、ボードの上に着地してみましょう!

もし友人がいれば、サポートしてもらいながら練習を進めるのもおすすめです。

2.Kickturn(キックターン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SPRTLY(@spr.tly)がシェアした投稿

キックターンは、スケートボードにおける基本的なトリックです。

どんなランプや斜面でも練習できます。

キックターンをマスターするには、片足をボードのテールに置き、体重をかけます。

もう片方の足はボードの前方に置き、後ろ足に体重をかけると、スケートボードのノーズが上がる仕組みです。

ノーズが地面から数センチ浮いたところで、前方または後方に回転移動します。

トリックをマスターするには、スロープを十分なスピードで駆け上がる必要があり、コツも必要。

上半身の安定も成功の重要なポイントですが、失敗しても大きな怪我には繋がりにくく、ぜひ習得しておきたいトリックの一つです。

3.チックタック(Tick-Tac)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cement Skate Club(@cementskateclub)がシェアした投稿

チックタックは、キックターンで体を数回前後に回転させ、小さな横回転で体を前に押し出すトリックです。

小さなチックタックでカービングすることで、より多くの力を地面に加え、スピードと勢いを与えながら前進することができます。

トリックを習得するには、スケートボードで必要になる重心のかけ方をマスターする必要があります。

上半身/下半身どちらも重要で、スケボーの奥深さを知ることができます。

4.マニュアル(Manual)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sr Borch(@borjaallue)がシェアした投稿

慣れてきた頃に習得したいのが、「マニュアル」。

前・後ろどちらかを浮かせて進むトリックで、オーリー習得のためにも身につけておきたい技の一つです。

練習自体はシンプルで、回数をこなせば体も覚えてくるので、スケボーを始めてすぐの段階から取り組むのもいいでしょう。

5.レールスタンド(Rail Stand)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Billie Goodnough(@billie.freestyle)がシェアした投稿

怖そうに見えますが、基本的なトリックです。

いきなり階段の手すりを滑ることは無理なので、ボードを横向きに立て、レールに乗っている感覚を掴みましょう!

レールスタンドのコツは、「前足でサイドを押してひっくり返すように足を構えるだけ」。

このトリックは何かにつかまりながら覚えるのがベストです。

6.オーリー(Ollie)

基本的なトリックができるようになったら、次はもう一段階難しいトリックにも挑戦してみましょう。

スケートボーダーの多くは、オーリーを最も重要なトリックの1つと考えています。

そもそもオーリーとは、ジャンプした際にスケートボードが足と一体となる技のことです。

「そこまで難しく見えない」と感じる方もいらっしゃいますが、初心者を最も悩ますトリックで、決まると単純にかっこいいんです(笑)。

コツは重心を落としてしゃがみ、ジャンプする時は板と足を離さないこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました