【中・上級者必見】一度は行きたい世界のスケボーパーク6選!

オリンピックの正式種目に採用され注目度が高まる「スケートボード」。
今回は、そんなスケートボードが大好きな方に、一度は行きたい世界のおすすめスケボーパークを厳選してご紹介します。
スポンサーリンク

1.Fremont Skatepark(アメリカ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nose bone…. @besuro for 📸 #nosebone #skateordietrying #skateeverydamnday #fremont #fremontskatepark #photography #ifyournotskatingtodayfuckyou #skateboardingisfun

Gabriel Rivera(@switchmallgrab420)がシェアした投稿 – 2019年10月月9日午前11時39分PDT

フリーモント・セントラルパーク内にある人気のスケートボードパーク。
パーク内にはクォーターパイプやハーフパイプなど初心者から上級者まで楽しめるセッション計12基を常設。
カリフォルニアの雄大な自然を肌で感じながらの滑りを存分に楽しむことができます。
周囲には湖、アクアパーク、レストランがあり、大人数で訪れても楽しめるスポットです。
ちなみにパーク内は監視員が不在で8歳未満の子供は親同伴が必須となるので注意が必要です。

2.Skate Park Galit(イスラエル)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yossi Huni(@huniyossi)がシェアした投稿 – 2017年12月月25日午前1時42分PST

中東・イスラエルはテルアビブにあるコンクリート製のスケートボードパーク。
建設中、設計士が辞退するというハプニングに見舞われるものの、なんとか完成。
樹木などが一切なく殺風景ではあるものの、コースもかなり本格的で、難度の高い技を練習するのは絶好のスポットです。
屋外にあるパークですが、少雨のイスラエルでは年間を通して天候を気にすることなく楽しめるでしょう。
 
 

3.David Armstrong Extreme Park(アメリカ)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Victor G.(@vicgimages)がシェアした投稿 – 2020年 8月月5日午後12時48分PDT

 
2002年4月に完成したケンタッキー州ルイビルにあるパブリック・スケートボードパーク。
面積は約40,000平方フィートと全米屈指の規模を誇ります。
コースはストリート、トランジション、バーティカル、それぞれのスタイルに対応し、本格的な練習に最適。
3.7mの垂直スロープがあったりと、コース全体としては中・上級者向けとなっています。
トイレも完備され、24時間スケボーに熱中することが可能です。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました