【初心者必見】スケボーで絶対に用意するべきアイテム6選!

デッキがあれば簡単に始められるイメージもある「スケートボード」。スケボーには厳しいルールは少なく、また、ストリート競技であることから時には危険も伴います。

今回はそんなスケボーが安全に楽しむために、絶対に用意するべきアイテムを厳選して6点紹介します。

スポンサーリンク

1.スケボーシューズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

J Treez(@jtreez93)がシェアした投稿

簡単に始められるイメージのあるスケートボード。

しかし、極めるまでには他のスポーツと比べてもかなりの時間を要します。

その間、何回も買い替えることになると思いますが、クッション性や保護性能など、選ぶ際に重要視したいポイントは沢山あります。

難度の高いトリック練習に力を入れたいなら、伴う磨耗に耐えるためにも軽量で耐久性があり、快適なデザインのものを選ぶのがおすすめです。

2.ヘルメット

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chris Wright(@workshop_hell_yeah)がシェアした投稿

楽しくて爽快な反面、危険とも隣り合う競技であるスケートボード。

硬い路面で転んだり、トリック中にバランスを崩したりなど、すべて怪我につながるシーンは多々あります。

ヘルメットは、スケボーアイテムの中でも最も重要なアイテムであることに間違いありません。

骨折、脳震盪、その他深刻な外傷から確実に守ってくれます。

ただ、着け心地も重要で、競技中に外したくなるような重たいものや、通気性の悪いものは避けて考えましょう。

3.膝パッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Skatevirus Skateshop(@skatevirus)がシェアした投稿

頭部同様、怪我しやすい箇所の一つに「膝」が挙げられます。

激しい落下の衝撃には、膝上・下どちらもしっかりカバーできるものがおすすめです。

ただ、広範囲をカバーする際は、快適性、運動性ともに落ちやすくります。

そのため、パフォーマンスが落ちにくく、衝撃にも強いEVAフォームなどの素材がおすすめです。

4.スケートボードツール

 

この投稿をInstagramで見る

 

DOODAH(@doodahstore)がシェアした投稿

スケートボード上級者も、これから始められる人も、乗っていて違和感がある時に役立つのが「ツール」です。

TやY字のものがあり、予期せぬ故障や日常のメンテナンスが行えます。

一番頻度として高いであろう、ネジの締め付けも簡単に行えて、加えて、近年は高性能でありながらも小型のものが多く持ち運びもラク。

お持ちでない方も、一つは欲しい重要アイテムです。

5.グリップテープ

デッキと靴の間の摩擦を提供し、パフォーマンスを上げ、且つ安定させる役割を持つのが「グリップテープ」です。

サイズ、デザイン、粘着性などは様々。

グリップ力は必要ですが、初心者の場合、あまり強すぎると操作性が失われるので、バランスで選ぶのがおすすめです。

6.肘パッド

着地の際に手を着くことが多く、肘をも痛めやすい箇所の一つになります。

スケボーでは上半身の動きも重要になるので、肘を怪我すると、満足なパフォーマンスは出せません。

特に夏場は薄着で競技を行うことが多く、肘の怪我も多くなります。

市場には子どもから大人用まで多種多様なアイテムがあるので、自分に合った快適で安全なものを選ぶようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました