【東京五輪】イケメンサーファー・Ramzi Boukhiamを紹介!

東京五輪では日本勢のメダル獲得も期待される「サーフィン」。今大会から採用された新種目で、世界から多くの有名サーファーが来日します。

中でも注目度が高いのが、モロッコ代表のRamzi Boukhiam選手。イケメンで、アフリカ屈指の実力を備えたサーファーです。

今回は、そんなRamzi Boukhiam選手を詳しく紹介します。

スポンサーリンク

Ramzi Boukhiamのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ramzi Boukhiam(@ramziboukhiam)がシェアした投稿

名前:Ramzi Boukhiam

カナ:ラムジ・ブーヒアム

生年月日:1993年9月14日

出身地:モロッコ・アガディール

居住地:モロッコ・アガディール

国籍:モロッコ/オランダ

身長:184cm

体重:85kg

スタンス:グーフィー

コーチ:アジズ・ブシュグア

競技を始めた年齢:9歳

契約スポンサー:Aïn Atlas、Taghazout Bay

プロデビュー:2008 Men’s QS

主な戦歴:
(2021年)
Estrella Galicia Santa Cruz Pro pres by Noah Surf House 17位
(2020年)
MEO Portugal Cup of Surfing – Men’s 3位
French Rendez-Vous of Surfing – Men’s 9位

名実ともにモロッコ最高のサーファー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ramzi Boukhiam(@ramziboukhiam)がシェアした投稿

Ramzi Boukhiam選手はモロッコ南西部の街・アガディールで生まれました。

9歳の時、先にサーフィンを始めていた兄の影響で競技を始めます。

学校が休みの日には、家族で地元から少し離れたサーフスポットに出かけ、腕を磨きました。

2019年に行われた「World Surfing Games」にて、アフリカのベストサーファーに選出。

モロッコにおけるサーフィン人気はまだまだですが、国内のいくつかのサーフスポットには彼の肖像画も描かれるなど、圧倒的な実力と人気を誇ります。

フランスでの貧困生活を経て…。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ramzi Boukhiam(@ramziboukhiam)がシェアした投稿

今でこそモロッコの英雄となったRamzi選手ですが、実は11歳の時にお父さんが亡くなっています。

その後、残された家族でフランスへ移住することに。

かつて家族旅行などで訪れよく知っていた同国南部の都市・ビアリッツに住みはじめますが、冬の気候や文化が合わず、また、貧困生活を強いられることになります。

のちにRamzi選手は母がうつ病になりかけ、自身もモロッコに帰りたいと思っていたことを打ち明けています。

しかし、ビアリッツの人は温かく、ほどなくして多くの大切な友人と出会うことに。

15歳でプロデビューを果たし、現在は生まれ故郷のアガディールを拠点に活躍しています。

ちなみに、お母様は今でもビアリッツに住んでいるとのこと。

東京五輪…その先にはパリ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ramzi Boukhiam(@ramziboukhiam)がシェアした投稿

今回はモロッコのイケメンサーファー・Ramzi Boukhiam選手を紹介しましたが、いかがでしたか?

今回の東京大会を「特別なものになる」と語るRamzi選手。

同時に、「ただの観光客になりたくない」と語るなど、野心ものぞかせます。

2024年には〝第二の故郷〝フランスでの五輪開催も決まっており、東京では少しでも好成績を残したいところでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました