【美女サーファー】ティア・ブランコの魅力を紹介!食生活が変?スポンサーが凄い?

今、世界で高い注目を集めている、プエルトリコ生まれの美人プロサーファー、ティア・ブランコさん。
ルックスもさることながら、実は食生活にも注目が集まっています。どんな選手なのか詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

ティア・ブランコのプロフィール

View this post on Instagram

Golden daze ✨ @savcophoto

A post shared by TIARAH👑 (@tiablanco) on

本名:ティアラ・ルエ・ブランコ
ローマ字表記:Tiarah Lue Blanco
ニックネーム:ティア
生年月日:1997年5月5日
出身地:プエルトリコ(育ったのはアメリカの南カリフォルニア)
身長:162.5cm
体重:54 kg
国籍:プエルトリコ/アメリカ
趣味:動物と戯れる、ヨガ、旅行、家族など
デビュー:2012年(2012 Women’s JUN)
職業:プロサーファー/ヴィーガニズム活動家

主な出場大会:
(2020)
SLO CAL Open at Pismo Beach
Corona Open China

(2019)
Sydney Women’s Pro
Vans US Open of Surfing
Nissan Super Girl Pro

(2018)
Los Cabos Open of Surf
Grandstand Sports Clinic Women’s Pro
Paul Mitchell Supergirl Pro
Vissla Sydney Surf Pro

(2017)
Girls Make Your Move Women’s Pro

(2016)
Los Cabos Open of Surf
Pantin Classic Galicia Pro
Sydney International Women’s Pro

(2015)
Samsung Galaxy Hainan Pro
Los Cabos Open of Surf

ティア・ブランコの経歴は?

ティア・ブランコさんはカリブ海に浮かぶ島国プエルトリコ生まれの女子プロサーファーです。

生まれてすぐにアメリカのカリフォルニア州サンクレメンテに移住し、3歳でサーフィンを始められます。
やはり、その頃からスキルはずば抜けていたそうです。

2012年からは、プロとしての本格的なキャリアをスタート。
2015年にはニカラグアのポポヨで行われた世界選手権で優勝を飾るなど、世界的にも認められた選手です。

そのルックスから“美女サーファー”として注目されています。

余談ですが、非常に親日家でもあり、プライベートで何度も来日経験があるそうです。

ティア・ブランコの食生活が凄い?

サーファーとして活躍されているティア・ブランコさんですが、実は今、彼女の食生活にも注目が集まっています。

実は彼女、ベジタリアン…ではなくビーガンなんです。

「ベジタリアン=菜食主義者」ですが、ビーガンはより厳格で、動物性食品を一切口にしない「完全菜食主義者」のことを指します。

もともとベジタリアンだった彼女ですが、2013年にビーガンに移行。

そのため、一度も牛肉を食べたことがなく、アメリカ南部で特にポピュラーなペパロニピザやタコスも口にしたことがないそうです。

ただ、そのおかげで競技に最適なボディーをキープし続けられていたりと、恩恵も多いと語っています。

現在は、本業のサーファーと並行してヴィーガンの促進活動も積極的に行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました