【天使】サクラ・ジョンソン(サーフィン)の経歴は?親が日本人のハーフ?

東京オリンピックから正式種目となるサーフィン。
世界では、有望な若手選手が台頭を現し、激しい競争を繰り広げています。
そんな女子サーフィン界で、一目置かれるのが、今回紹介するサクラ・ジョンソンさんです。一体、どんな選手なのか、詳しくご紹介いたします。

スポンサーリンク

サクラ・ジョンソンのプロフィール

View this post on Instagram

s m i l e 🙂

A post shared by Sakura (@bettylou.sakura.johnson) on

本名:ベティー=ルー・サクラ・ジョンソン
通称:サクラ・ジョンソン
ローマ字表記:Betty Lou Sakura Johnson
愛称:さくら
生年月日:2005年
身長:???cm
出身地:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島ノースショア
国籍:アメリカ合衆国
趣味:スケート、ダートバイク、体操
好きな科目:芸術、数学
デビュー戦:2019 Women’s JUN

主な出場大会:
(2020年)
Sunset Pro Junior 

(2019年)
Sunset Pro Junior
WSL Hawaii Pro Junior
VISSLA ISA World Junior Surfing Championship

サクラ・ジョンソンって何者?経歴は?

サクラ・ジョンソンこと本名ベティー=ルー・サクラ・ジョンソン(Betty Lou Sakura Johnson)さんは、ハワイオアフ島出身の女子サーファーです。

ニックネームの「さくら」でも知られています。

幼少期よりサーフィンに慣れ親しんだサクラ・ジョンソンさんは、地元のノースショアで毎年開催される「ノースショア・メネフネ・サーフィン選手権」に参加。

ここで頭角を現すと、以降、ジュニアの国際大会にも頻繁に参加します。

現在、ジュニアの大会を中心に活躍されており、この世代では3本の指に入るほどの実力者です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました