【カワイイ】ケリア・モニーツのルーツは日本!?スポンサーも調査!【サーファー】

東京オリンピックの正式種目に採用されたことで女子人気も高まりつつあるサーフィン。ハワイ出身の女子プロサーファー、ケリア・モニーツさんは、日本でも人気のある選手です。どんな選手なのか、彼女のルーツやスポンサーを中心に紹介します。

スポンサーリンク

ケリア・モニーツのプロフィール

生年月日:1993年2月5日
年齢:26歳
本名:Kelia Termini
通称:Kelia Moniz
生まれ:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
身長: 163 cm
体重: ??? kg
両親:トニー・モニス、 タミー・モニス
夫:ジョー・テルミニ(フォトグラファー)
国籍:アメリカ(ハワイ)、日本、中国、ポルトガル、アイルランド
デビュー戦:2010 Women’s LT

主な出場大会:
(2019年)
Noosa Longboard Open
Galicia Longboard Classic
Longboard Classic New York

(2016年)
Jeep World Longboard Championship

(2014年)
GoPro World Longboard Championship, China presented by Wanning

(2013年)
Roxy Waikiki Classic

(2012年)
Swatch Girls Pro China

(2011年)
Roxy ASP Women’s World Longboard
Swatch Girls Pro China

(2010年)
Roxy ASP Women’s World Championships

ケリア・モニーツの経歴は?

ケリア・モニーツさんは、ハワイの中で最もサーフィンが盛んなオアフ島生まれの女子サーファーです。

ハワイを代表するサーファーだった父を持ち、幼少期よりサーフィンが大好きな女の子でした。
順調に成長した彼女は、その後プロとなり、2度の世界女王を経験。

基本はロングボーダーですが、シュートボーダーとしても高く評価されています。
近年は、休養と再開を繰り返していますが、昨年は大きな大会に連続で出場しています。

チャーミングなルックスの持ち主で、日本人からの人気も高い選手です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました