【超絶美女サーファー】エリー・ジーン・コフィーの経歴やスポンサーを紹介!

エリー・ジーン・コフィーは、こんな人!

View this post on Instagram

Wanna come surfing wit me? ☺️

A post shared by Ellie-Jean Coffey (@elliejeancoffey) on

エリー・ジーン・コフィーさんは、日焼けした肌に美しいブロンドの髪が映える美女で、そのルックスは世界の女子サーファーの中でも間違いなくトップクラスです。

幼少期に地元ゴールドコーストの海に魅せられサーフィンを始めると、同世代の中では突出した才能を発揮します。

2010年にメジャー大会でデビューし、現在は女子プロサーファーとして活躍中です。

また、その美しい容姿を武器にモデルとしても活躍。
Instagramのフォロワー数は100万人以上で、人気雑誌などにも多数登場しています。

実質のサーフィン世界ランキングである「女子QSランキング」では、2014年に20位をマークするなど、実力も申し分ありません。

エリー・ジーン・コフィーの契約スポンサーは?

View this post on Instagram

Love this beautiful place #mexico

A post shared by Ellie-Jean Coffey (@elliejeancoffey) on

これだけ美しく、そして高い実力を持つ彼女には多くのスポンサーがついています。
ここでは、代表的なブランドをご紹介します。

Billabong(ビラボン)

エリー・ジーン・コフィーは、近年、日本でも人気のあるBillabongと契約しています。

スノーボード、スケートボード、そしてサーフィン関連アイテムの開発に力を入れるブランドで、最近では通販でも購入可能です。

彼女自身、サーフィンと並行でモデル業をこなしていますが、同ブランドのモデルも務めています。

Dakine(ダカイン)

エリー・ジーン・コフィーはDakineとも契約しています。
日本では、「リュック」で馴染みのあるブランドです。

Billabongほど、自身のInstagramで紹介はされていませんが、競技外でも大きなサポートを受けています。

実はDakineというのは、ブランド名を冠したサーフィンの国際大会も開催するなど、マリンスポーツの支援にも積極的なグループなんです。

SHAPERS(シェイパーズ)

こちらは、サーフボードを取り扱うメーカーです。

日本では、お世辞にも知名度が高いとは言えませんが、革新的なサーフボードを手掛けることからプロサーファーからの人気もあります。

オーストラリア発祥で、アメリカなどでも人気のブランドです。

初心者にとっては、やや扱いにくいものもありますが、日本でも最近通販などで購入できるようになりました。

なかなかいいアイテムが揃っているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました