【パリ五輪が楽しみ】ミナ・ステス(スケボー)を徹底解剖!

東京オリンピックで注目を集めたスケートボード。この大会をきっかけに好きになった、という方も多いと思います。

今回は2024年のパリオリンピックでの活躍が期待される新星、ミナ・ステス選手を紹介いたします。

 

スポンサーリンク

ミナ・ステスのプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Minna Stess(@minnastess)がシェアした投稿

名前:Minna Stess

生年月日:2006年4月4日

出身地:アメリカ・カリフォルニア州

契約スポンサー:Santa Cruz Skateboards, Independent Truck Co., Vans, MOB Grip, Bronson, 187 Killer Pads, Bones Wheels, Girl Is Not a 4 Letter Word, Merge4, XSET

幼少時代から天才

 

この投稿をInstagramで見る

 

Minna Stess(@minnastess)がシェアした投稿

カリフォルニア州ペタルマで生まれ育ったミンナ・ステス選手は現在15歳。

まだおむつをしていた頃からスケボーに夢中だったのだとか。

5歳のとき、兄のフィンリーと一緒に北カリフォルニアのローカルコンテストでデビューします。

男の子に交じって腕を上げ、10歳の時に権威ある大会「Exposure Skate」に出場し活躍。また同年、ワールドカップ・コンテスト・シリーズ14歳以下の部で1位に。

アメリカ代表として2021年東京オリンピックへの出場も期待されていました。

パリでの金メダルを目指して

 

この投稿をInstagramで見る

 

Minna Stess(@minnastess)がシェアした投稿

スケボー界の天才少女は、すでに2024年に行われるパリオリンピックに向かって走り出しています。

次の目標について本人も、「2024年のオリンピックです。とても遠いけれど、同時にとても近いものです。」であると答えています。

今年5月に開催された2021年女子パーク大会で優勝し、USAスケートボードの史上最年少の全米チャンピオンとなりました。

「ストリートは階段などを降りる競技ですが、私は階段を降りるのは好きではありません。「私は高く飛んだり、速く走ったりするのが大好きで、基本的にはパークの選手です。」

彼女は2021年の全米女子パークの決勝戦で、ほぼ垂直の壁の上でキックフリップを披露し、注目を集めました。

その動きはまるで平らな地面を滑っているかのように重力を無視したものだったのです。

2024年まで、この勢いで成長していけば、いったいどんな選手になっているのか…。

パリ大会は東京以上にスケートボードが注目を集めそうです。

プレッシャーを跳ねのけた先に

 

この投稿をInstagramで見る

 

Minna Stess(@minnastess)がシェアした投稿

今回は2024年パリ大会での活躍が期待されるミナ・ステス選手を紹介しましたが、いかがでしたか?

日に日に高まる注目度。

環境もめまぐるしく変わり、「大きな雑誌の関係者がたくさん来ていて、少なくとも20人か25人のカメラマンがいました。本格的になってきたと感じました。彼らは写真を撮っていましたが、なぜか私はコンテスト中に写真を撮られて、フラッシュが目に入ることの方が心配でした。私にとっては非常識なことで、フラッシュが当たって倒れてしまうのではないかと、とても怖かったのです」と複雑な心境を明かしています。

そういったプレッシャーに打ち勝ち、パリで素晴らしい滑りを見せてくれることを期待せずにはいられません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました