【美女】マヤ・ガベイラ(サーファー)のプロフィールは?経歴や私生活を紹介

東京オリンピックから正式種目となるサーフィン。男性を中心に人気のスポーツでしたが、近年は女性サーファーも増えています。

そんなサーフィンですが、ブラジルにはすごい女性サーファーがいることをご存じですか?

それが今回紹介するマヤ・ガベイラさんです。世界的な選手ですが、日本ではまだまだ知らない方も多くいます。

それでは、マヤ・ガベイラさんのプロフィールや経歴を見ていきましょう!

スポンサーリンク

マヤ・ガベイラのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maya Gabeira(@maya)がシェアした投稿 – 2020年 8月月22日午後7時31分PDT

フルネーム:Maya Reis Gabeira

カナ:マヤ・レイス・ガベイラ

生年月日:1987年4月10日

出身地:ブラジル・リオデジャネイロ

現住所:ポルトガル

身長:168cm

体重:56kg

スタンス:グーフィー

主なスポンサー:レッドブル、ビラボン

主な受賞歴:
2007年:ビラボン・ビッグウェーブ・アワード(Billabong Big Wave Awards)
2009年:ESPY賞 最優秀女子アクションスポーツ選手賞(ESPYS Awards Best Female Action Sports Athlete)
2010年:ティーン・チョイス・アワード(Winner of Teen Choice Awards for Best Female Athlete Action Sports)
2019年:波乗り女子世界記録(20.8m)がギネス認定。
2020年:波乗り女子世界記録(22.4m)がギネス認定。

マヤ・ガベイラの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maya Gabeira(@maya)がシェアした投稿 – 2020年 5月月23日午前3時29分PDT

マヤ・ガベイラさんはブラジル出身の女性サーファー。

サーフィンを始めたのは14歳と遅かったものの、天性の才能で19歳の時にプロ資格を取得。

主にビッグウェーブを得意とし、女性としては当時最も大きい14mの波に乗ることを成功。

さらに2020年、なんと22.4mの大波に乗ったことがギネスに認められました。

世界広しと言えど、これほどまでにハイレベルの女性ウェーブサーファーは彼女しかいません。

ただ常にリスクは付きもので、過去には20mにも達する超ビッグウェーブに挑戦中転倒し、病院へ運びこまれたこともあります。

しかしそういった姿勢が男性・女性問わず尊敬を集めている理由です。

2010年にはティーン・チョイス・アワードで女性部門のアクションスポーツ・スター賞を受賞。

他にも数多くの栄誉に輝くなど、名実ともに世界最高峰の女性ビッグウェーブサーファーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました