【マナー】知らないと嫌われる!?サーフィン初心者が覚えておくべきマナー

どんなスポーツにも「ルール」というものが存在します。
サーフィンにもコンテストや競技によってルールも決められていますが、今回紹介していくルールは「サーファー」としての基本的なルールやマナーについての紹介です。

サーフィン初心者だからこそ、基本的なルールやマナーを覚えることはとても大切なことです。

サーフポイントには信号も審判もいません。
だからこそ、サーファーひとりひとりがマナーを把握して守ることで、海の上の平和が保たれています。

もしルールやマナーを守らず好き勝手に楽しんでいると、他のサーファーや自分が危険な目にあう可能性すら出てきます。

ルールやマナーを理解し、サーフィンを楽しみましょう!

他の人の波を横取りしない

サーフィンの一番基本的で大事なルールが「他の人の波を横取りしない」ということです。

サーフィンは原則として、1つの波に1人しか乗れません。
昔から暗黙のルールになっており、サーフィン中の危険な状況を防ぐための大事な決まりになります。

ただし、波が崩れると二つに分かれますので、細かく言うと2人になりますね。

初心者で特に危ないのが、「波の前乗り」です。
自分が乗りたい波に他の人が早く波に乗っているのに、進行方向に自分が残ってしまう行為です。

これをやってしまうと、波に先に乗った人が、あなたがいることにより波から降りてしまうことになります。
またあなたに気づかず衝突してしまったり、体勢を崩して変な落ち方をしてしまうかもしれません。
つまり両者が怪我をしてしまう可能性すらあります。

このような行為をしてしまうと、初心者であっても怒鳴られたり、陸に揚げられ怒られたりするかもしれません。

周りを見てからサーフボードを離そう

こちらも初心者が特にやりがちな行為です。

サーフボードは海に浮くので、すぐ流されてしまいます。
もしあなたが、周りの人の確認をせずにサーフボードを離してしまうと、周りで泳いでいる人に当たってしまうこともあります。

波に乗っている最中のサーファーに当たってしまい、乗っていた波を邪魔してしまったり、最悪の場合、相手のサーファーに怪我をさせてしまうことだってあります。

だからこそ、もしサーフボードを離すときは他の人に少し持っててもらうか、周りをしっかり確認してから離すようにしましょう。

また、サーファーの後ろを通るのも極力避けるようにしましょう。
特に波に乗ろうとしているサーファーの後ろは通らないでください。
そのサーファーが押し戻されて、あなたに当たってしまい怪我をする恐れがあります。

しっかりと注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました