【初心者必見】サーフィンのテイクオフを成功させる6つのポイント!

初心者サーファーの多くがぶつかるであろう、「テイクオフの問題」。原因には、タイミングが遅かったり、早かったり….そのほか、様々な要因が挙げられなすが、現在に至るまで、解決されていないという方も少なくないと思います。

そこで今回は、サーフィンのテイクオフを成功させる6つのポイントを紹介いたします。

スポンサーリンク

1.正い波と、ポイントを選ぶ

 

テイクオフを成功させる上で波の見極めも重要になります。

いくら正しい方法で挑戦しようと、波のサイズやポイントによっては成功するのが困難となります。

また、初心者があまりにも大きな波に挑戦するのは危険です。

まずは小さな波から、そして危険なポイントは避けましょう!

2.タイミングを掴む

いくらスキルの高いサーファーでも、テイクオフのタイミングを誤れば、バランスを取ることはできません。

しかし、このタイミングが初心者にとっての最大の難関です。

波の推進力を受け、パドリング無しでボードが進んでいく瞬間がテイクオフのタイミング。

この感覚は実践でしか得られないので、安全なポイントで繰り返し練習していきましょう!

3.テイクオフの角度に気を付ける

 

波のある場所でパドルスピードを上げたら、ブレイクしそうな方向にボードの角度を少し変えてみましょう。

この時、角度をつけすぎるとピークから遠ざかり、波に乗り遅れる可能性があります。

パドリング終盤では、ボードの進行方向側に胸を張って体を傾け、進行方向と反対側の腕で1~2回のストロークをしながらパドリングするのがコツです。

4.屋内練習でイメージする

練習は水の中以外でも行います。

例えば、水のない屋内でも、サーフボードを使ったテイクオフのイメージ練習はとても有効です。

もちろん水の中に落ちることはないので、気軽に何度も反復できるメリットがあります。

天候不良などの際にも有効な手段です。

5.躊躇しない!

テイクオフは成功体験がないと、迷いなく行うことが難しいテクニックです。

「失敗するのではないか」と恐れてしまうと、悪循環に陥ってしまいます。

安全なポイントで、荒れた天候でもない限り、決して難しいことではありません。

成功するイメージをつけて、躊躇せず挑戦することが大事です。

6.ビデオでチェックする

サーフィンでは、ビデオを使ったチェックも有効となります。

現在人気の「GoPro」では、波の内部も鮮明に撮影できるので、テイクオフが上手く行かない方の手助けをしてくれるでしょう!

GoProがあれば自分1人でも撮影できるメリットもあります。

その他のカメラでも、自分のフォームを確認したり、失敗した箇所のチェックに有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました