【スケボー】トリック練習で注意すべき6つのこと!

皆さんはスケボーのトリック練習で悩まれることはありませんか?私も実はトリック練習を始めた当初は色々と苦労しました(笑)。

今回は、トリック練習で注意すべき代表的なことをを6点ご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.トリックに適したボードを選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eline(@elinecrafts)がシェアした投稿

自分に合ってないボードを使ってもトリックは上達しないでしょう。

さらに、体に負担がかかることで、怪我につながることもあります。

トリックに最適なボードは、一般的に幅が7.75~8.25インチ(成人男性)のものがおすすめ。

ウィールは99Aから100Aで、高反発のものがいいでしょう。

2.経験者と一緒に始める

 

この投稿をInstagramで見る

 

AKUMA-PH(@akuma_ph)がシェアした投稿

独学でトリック練習を始める方も多いと思いますが、多くの場合はおすすめできません。

やり方を間違えたまま進んでしまうので、経験者の集まる場所、もしくは親・友人と一緒に始められることをおすすめします。

全体の負傷者の1/3近くがスケボーを始めてから1週間以内というアメリカの統計もあるので、ある程度の基礎を身に着けるまでは、経験のあるライダーから学びましょう。

3.プロテクターを着ける

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kyriana Kratter(@kyrianakratter)がシェアした投稿

スケートボードは、世界中で人気のスポーツですが、切り傷、打撲、骨折、さらに、より重い脳の損傷、脳震盪もあり得ます。

そのため、プロテクターが必要です。

まず、年齢・スキルレベル・経験に関係なく、スケートボードは頑丈でフィット感のあるヘルメットは欠かせません。

「大けが」のイメージも強いスケボーですが、実は全体の約75%が四肢の怪我。

そのため、リストガードやニーパッドも忘れず、安全に楽しみましょう。

4.時間を決める

 

この投稿をInstagramで見る

 

@timeclassがシェアした投稿

スケボー初心者は、だらだらと長い時間練習をしがちです。

練習にメリハリがないと上達しないだけでなく、体への負荷がかかり、怪我につながります。

練習の時間を計るためにも時計は必須です。

スケボーで使う時計は、競技の特性上、とりわけ耐久性に優れたものがおすすめ。

また、重いとトリックの邪魔になるので、極力軽量なものを選ぶようにしましょう!

5.ライトを用意する

 

この投稿をInstagramで見る

 

ShredLights(@shredlights)がシェアした投稿

なぜスケートボードでライトが必要なのか?

スケートボーダーは自転車ほど速くなくても、歩行者(平均で)の約3倍のスピードがあり、とりわけ夜間は大変危険です。

ライトは暗い場所を照らすのはもちろん、周囲の人に警告する目的でも重要なアイテムと言えます。

6.スケボーパークがおすすめ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hisaaki Hirata(@staywild.h.h)がシェアした投稿

スケートをするにはどこがいいんだ?と悩まれる方も多いはず。

パークでは、他のスケーターと出会い、学ぶこともできます。

やはり一人での練習では間違ったやり方で進めてしまいがち。

しっかり整備されているので、トリックの練習中に、小石につまづいたり、車が通りかかることもありません。

夏場がコンクリートが厚くなるので注意が必要ですが、自分に合ったパークでトリックを学び、身につけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました