【スケボー初心者必見】オーリーを成功させるための6つのコツ!

スケートボード初心者の多くが苦しまされる【オーリー】。簡単に言うと「ジャンプ」のことですが、当然のことながらボードを扱うスポーツなので、シンプルながらも非常に難しい動作となります。

スポンサーリンク

1.プッシュをマスターする

【プッシュ】とは前足をデッキに乗せ、後ろ足で勢いをつけて進む、スケートボーダーにとっての基本的なスキルです。

オーリーを成功させるには、勢いが重要になります。

スキルがあっても勢いが足りないと、成功に至りません。

まずは、平たんな場所で、繰り返しの練習あるのみです。

2.足の位置を確認する

オーリーをする直前の足の位置はとても重要です。

後ろ足はテールの真ん中に、前足はボードの真ん中より少し前がベスト。

ジャンプのタイミングなどがよくても、足の位置がおかしくて成功に至らない場合も多々あります。

ある程度勢いをつけ、足の位置をしっかり揃えて挑戦してみましょう!

3.体幹を鍛える

スケボーでは、主に股関節、太もも、膝、ふくらはぎを使います。

初めて挑戦した時には、上半身よりも下半身の方が圧倒的に痛みます。

ただ、腹筋などの上半身の筋肉も重要なスポーツで、体幹が弱いとデッキの上でグラつき、バランスを崩してしまいます。

スケボーにおいて、各筋肉とも筋肥大するほどの激しい筋トレは必要ありません。

雨天時など、通常トレーニングができないときには必要な部位を鍛えておくことをおすすめします。

4.肩と足は平行に

ジャンプの前、膝を少し曲げて準備します。

後ろ足でデッキを弾き、肩と足は、ほぼ水平になるようにしましょう。

この時、バランスが保てるかどうかも重要になります。

膝を曲げる際、浅すぎも深すぎも力が伝わらないのでNG。

オーリーでは重心移動が重要になりますが、言葉だけでは理解しづらいこともあるので、有名選手などの動画を見て学ぶのもおすすめです。

5.練習用トラックを活用する

 

スケボートラックにはいくつかの種類が存在します。

ただ、意外と知らない方も多いのが現状で、基礎スキルを学ぶには練習用トラックがおすすめ。

オーリーを習得する場合も同様で、これらのトラックでは、より安全に練習することができます。

6.恐怖を克服する

初心者の多くは、どうしてもオーリー挑戦が「怖い」ものです。

「着地に失敗したら」「怪我するかもしれない」等、なかなか挑戦できないという方も少なくないでしょう。

もちろん、ヘルメットをつけなかったり、粗い路面での挑戦は危険が伴うのは当然。

ただ、中途半端に挑戦することで、かえって危険が増す可能性があるのも事実です。

スケボーに転倒は付きものなので、転び方もしっかりマスターしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました