【美人】ハワイで活躍。ハワイ在住の美女サーファー6名

海外には美人のサーファーがたくさんいますが、ハワイにも人気の美人サーファーがいて活躍しています。

今回はその中から6名の女性サーファーをご紹介したいと思います。期待していてくださいね。

スポンサーリンク

Alyssa Wooten (アリッサ ・ウーテン)

アリッサ・ウーテン は1991年3月18日生まれで、オアフ島の出身です。

お父さんはアメリカ人、お母さんは日本人のハーフなので、親しみがなんだかわきますね。実際アリッサは日本でいくつもの番組に出演していたことがあります。

現在は結婚しお子さんもいて、ママとしてサーファーとして、そしてモデル・タレントとして活躍しています。

また自分のジュエリーブランド「Reverie Jewelry」のジュエリーデザイナーとしても頑張っています。

そんな多忙な彼女の楽しみは、時間をつくってサーフィンをすること。ストレスの発散にもなるし、何より嬉しいんでしょうね。

Alana Blanchard(アラナ・ブランチャード)

View this post on Instagram

The sun makes me happy🌞

A post shared by Alana Blanchard (@alanarblanchard) on

生年月日が1990年3月5日。ハワイのカウアイ島が出身地のアラナ・ブランチャードさんは、とってもセクシーな美人サーファーです。

子供の頃からサーフィンに熱中し、様々な大会で好成績を残しました。中でも2009年のASPスペシャルイベント「バンズ・ハワイアン・プロ」で、キャリア初のビッグタイトルを獲得したことは、彼女にとって最高に嬉しい瞬間だったことでしょう。

現在もサーファーとして活躍していますし、所属チームである「リップカール」のモデルとしても有名です。また近年は「リップカール」の水着のデザインにも参加していて、あらゆる才能を発揮しています。

Malia Manuel(マリア・マニュエル)

カウアイ島出身のマリア・マニュエルさんは1993年8月9日生まれ。パワフルなサーファーとして知られています。

14歳のときに臨んだ「US Open Junior Womens(US OPEN)」では、史上最年少での優勝を果たした世界でも指折りのプロライダーです。

笑顔が素敵なマリア・マニュエルさんのサーフィンは、見ていて圧倒されるもの。気分がスカッとします。

また2015年には「O’Neill」が主催する「O’Neill Unreasonable Film Festival」のために制作された「ALOHA NALU」に出演し、素晴らしいサーフィンを披露し話題になりました。

今後もハワイでサーフィンを楽しむんだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました