【スケボー】中・上級者におすすめのトリック6選!

伝説の選手、ロドニー・ミューレンが現代のスケートボードトリックの基礎を築いて以降、想像もつかないスピードで大技が誕生しました。おそらく、今年、そして来年も新たな技が誕生するでしょう。

今回は、中・上級者におすすめのトリックを、厳選して6つご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.(バックサイド・テール・スライド)Backside Tail Slide

東京オリンピックで名前を聞いた方も多いであろう大技。

このバックサイド・テールスライドは、勢いと適切なバランスが必要なトリックです。

障害物に乗ったら、肩の動きを止め、ふらつかないのがコツ。

YouTubeなどにも沢山あげられているので、やり方自体は比較的簡単に覚えられます。

2.ヒールフリップ(Heelflip)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Batateiras(@batateirasskatergirls)がシェアした投稿

ヒールフリップはキックフリップに似ていて、ボードがその長軸に沿って回転するトリックです。

キックフリップのようにつま先でボードを弾くのではなく、かかとで弾く違いがあります。

ある程度のコツは必要になりますが、中級者でも挑戦&習得できる技です。

ボードを蹴る強さ、フリップするタイミング、前足の位置など、根気が必要になります。

3.キャブフリップ(Cab Flip)

今回紹介する中では簡単なトリック。

なので、中級者でも習得することは可能ですが、キャバレリアルとハーフキャブフリップの習得は必須です。

やり方自体は難しくないので、とにかく練習あるのみ。

4.360 Flip (360フリップ/Tre Flip)

360フリップ(トレフリップとも)は、数あるトリックの中でも特に難しいことで知られています。

この技は、キックフリップに加えて縦回転も必要とする大技で、後ろ足を前に押し出すのではなく、後ろに押し出していくのが特徴です。

キックフリップは、ボードの真ん中に足を置き、斜めに角度をつけ、オーリーをするときに、ボードをはじき、後ろに回転させることができます。

5.ハードフリップ(Hardflip)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Skate_Photographer(@skate_0graphy)がシェアした投稿

ハードフリップは、そのテクニックの高さから、スケボーファン以外にも知られた技です。

まず、前足をボードの真ん中に置き、斜めに向ける必要があります。

これはキックフリップのための足の位置です。

このトリックのコツは、強くポップしてボードを垂直にし、前足をフリックしてキックフリップができるようにすることです。

6.ガゼルフリップ(Gazelle Flip)

boiling crab

ガゼルフリップは、1981年にロドニー・ミューレンによって考案された大技です。

ガゼルフリップは、ストリートトリックの中でも最も難しいトリックの一つとされ、経験豊富なスケートボーダーでさえも、習得に数ヶ月から数年かかります。

ガゼルフリップは、360フリップなど複数のトリックを組み合わせたもので、ボードを1回転半させてキックフリップをし、さらにバックサイドを1回転させるという3つのことを同時に行わなければいけません。

これができたのなら、間違いなくスケートボードを極めたと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました