【スケボー】天才少女・中山楓奈の経歴やスゴさを徹底解説!

東京オリンピックで新採用となるスケートボード。男女ともに、日本にも多くの有望選手がいます。

その中でも特に注目されているのが、天才少女と名高い15歳の中山楓奈選手です。どんな選手なのか、詳しくご紹介いたします。

スポンサーリンク

中山楓奈のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

fuuna nakayama(@funa_nakayama)がシェアした投稿

名前:中山楓奈

かな:なかやまふうな

ローマ字:Funa Nakayama

生年月日:2005年06月17日

出身地:富山県

身長:155cm

血液型:A型

所属(業務提携):ムラサキスポーツ

趣味:YouTube

主な契約スポンサー:ムラサキスポーツ、Ninja、ELEMENT、Diamond Supply Co.

主な戦歴:

[2019年]
JRSF 第3回 日本スケートボード選手権大会
女子ストリート 優勝

FISE WORLD SERIES HIROSHIMAスケートボードストリート WOMEN’s 2位

JRSF 第3回 日本スケートボード選手権大会女子ストリート 優勝
2019 SLS WORLD TOUR IN LONDON WOMEN’s 6位

[2018年]
第18回 アジアローラースポーツ選手権大会スケートボード女子ストリート 3位

9歳で始め、13歳で世界最高峰の大会に出場

 

この投稿をInstagramで見る

 

fuuna nakayama(@funa_nakayama)がシェアした投稿

中山楓奈選手は9歳の時にスケートボードを始めます。

誕生日にデッキを買ってもらったことがきっかけで、以降、スケートボードにのめり込みます。

持ち前の運動神経のよさも助け、メキメキと実力をつけると、2018年に強化指定選手に選出。

2019年にはスケートボードの最高峰「ストリートリーグ(SLS)」に出場するなど瞬く間に世界も注目するトップ選手となります。

東京、パリ…さらにその先の大会での好成績が期待される期待の星です。

難度の高い技が得意

 

この投稿をInstagramで見る

 

fuuna nakayama(@funa_nakayama)がシェアした投稿

世界ランキング15位を記録するなど、国内外から注目される存在になっている中山楓奈選手。

トップランカーの中で最も若い1人でもある中山選手ですが、「Kグラインド」など、難度の高い技も得意としています。

本人は来年のオリンピックまでに、「オーバーK」などのより難度の高い技も修得したいと目下練習中。

一年延期となったことで、その分成長し、よりレベルの高いパフォーマンスを見せてくれるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました