【あると便利】車に積めるおすすめのサーフアイテム6選!

サーフィンに行くために車を使う、という方は多いと思います。車があると、いろいろなアイテムを持っていけるので、便利ですよね。ただ、無限に積めるわけではなく、何を持っていけばいいか悩まれる方もいるでしょう。

そこで今回は、あると便利な車に積めるおすすめのサーフアイテムを厳選して6点紹介します。

スポンサーリンク

1.Lusso Gear Waterproof Car Seat Cover

サーフィンをし終えた後、ウェットスーツや水着のまま車で帰宅したことありませんか?

海水が付いたシートは傷みやすく、後日後悔したかたもいらっしゃるはず。

ルッソの防水シートカバーは、取り付けが簡単で、ほとんどの車の座席にフィットします。

ネオプレーン製のカバーなので、臭いやシミが車内につくのを防ぎ、シートは常に乾いた状態を保ってくれます。

2.Parallaxx Dry Bag

 

 

 

サーフィンの後、ビーチや駐車場でウェットスーツを脱ぐのは、いつも厄介な作業です。

このアイテムは、ウェットスーツを保護し、折りたたんで防水バッグとして簡単に持ち運ぶことができます。

場所も取らず、扱いやすく、男性・女性どちらにもおすすめです。

3.Northcore Hook Up Magnetic Hanger

車の外に吊るすタイプのウェットスーツ用フック。

「昼食をしている間に乾かしたい」、そんな時に便利で装着も簡単。

サイドミラーや車本体にスーツをかけてしまうと、塩分が車の塗装を侵食してしまいます。

全く場所を取らないので、複数持参するといいかもしれません。

4.Professional First Aid Kit

何もないのがベストであることは言うまでもありませんが、万一の時に救急セットは必須です。

特に遠隔地でサーフィンをする場合、近くに病院や店がない場合もあります。

この救急キットはコンパクト且つ軽量で、簡単に車に積めます。

ポケット付きの収納袋があり、いざという時に便利です。

5.Rinsekit Portable Shower

サーファーやパドラーに人気の携帯できるシャワー。

ビーチにシャワーがある場合は問題になりませんが、遠隔地でサーフィンをする場合に重宝します。

コンパクトで車に載せてもかさばらないので、1つは持っておきたいアイテムです。

6.Razor Reef Portable Surf Shower

このシャワーは、ネオプレン製のカバーでできており、お湯が何時間も温かく保たれます。

使う際は、常にハンドルを押し続ける必要があるもの、シャワーの勢いもあり、しっかり洗えます。

リーズナブルで使い勝手がよく、女性にもおすすめのアイテムです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました