【寒さもへっちゃら】SUPでおすすめのドライスーツ6選!

一年を通して楽しまれる方も多い「SUP」。ただ、寒い時期にしっかりした準備を行わないと、危険な目に合うこともあります。

そこで今回は、寒さもへっちゃらな、SUPでおすすめのドライスーツを厳選して6点ご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.Henderson Aqua Lock

ウェットスーツのシンプルさに、ドライスーツの高い保護性能を備えたアイテム。

市場で最も生地が厚いスーツの一つで、冷たい水の中もへっちゃら。

また、速乾性も非常に高く、陸に上がった直後でも体を冷やしません。

ジッパーなしの袖口と足首には、調節可能なライニングが施され、ブーツやグローブとの相性も抜群です。

2.Ocean Rodeo Soul Breathable Drysuit

ドライスーツを多く手掛けるオーシャンロデオで、今、最も人気のあるアイテムの一つ。

最大の特徴は、ゆったりとしたスタンバイモードと完全密閉のドライモードが瞬時に切り替えられるところにあります。

ポリテックスのトリムは手首、足首、首のシールを維持するのに役立ち、伸縮性があり快適な着心地を維持します。

また、ジッパー以外のポケットも充実しているので、財布や鍵などを安全にしまっておけるのも長所です。

3.O’Neill Boost 300g Drysuit

シンプルながら高い保護力を備えたドライスーツ。

多くの機能はありませんが、3層構造の100%防水生地は、寒い海を航行するパドラーを暖かく守ってくれます。

縫い目はテープドシームで、ネックシールはスキンドライシール。

暖かさを提供しながらも、決して操作性を損なうことはないので、すべてのパドラーが安心して使えます。

4.Stohlquist Amp Drysuit

全体的な動きやすさも好評のドライスーツ。

4層のツインセンサー防水生地は、水の遮断だけでなく、汗の蒸気を逃がし、より快適に着用することができます。

パドラー向けのデザインは、ややゆったりとしたフィットで、運動性と操作性を十分に確保します。

視認性を高める反射アクセントも備え、環境の悪い場所でのパドリングをサポートしてくれます。

5.Crewsaver Atacama Sport Drysuit

ドライスーツとウェットスーツの中間

平均的なドライスーツと比べるて、やや生地自体は薄くいものの、伸縮がきき、高い操作性が維持できます。

膝部にはパッドが、また、脚にはポケットがあり、小さな貴重品を入れることも可能。

コスパもよく、初心者パドラーにもおすすめです。

6.Level 6 Emperor Drysuit

操作性・耐久性・保護性のそれぞれをバランスよく取り入れたドライスーツ。

膝と肘部にコーデュラで補強したパネルを使い、体全体をしっかり保護します。

背面のジッパーはパドラーの邪魔にならないよう、手を伸ばして簡単に閉めることができ、前面にも同様のリリーフジッパーが備えられています。

手首と首のガスケットは英国製の最高級ラテックスで、ウエストはフィットしながらも、操作に支障をきたさない作りとなっています。

やや値段は高くなりますが、その圧倒的な品質から本格パドラーにも人気です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました