【冬の必需品】サーフィンで使えるおすすめの耳栓6選!

今年も冬本番を迎え、ウインタースポーツが盛り上がりを見せています。サーファーにとっては最も過酷なシーズンになりますが、海へ向かわれる方も多いはず。

今回は、冬のサーフィンで使えるおすすめの耳栓を厳選して6点紹介いたします。

スポンサーリンク

1.Mack’s AquaBlock Swimming Earplugs

手頃ながら冷たい水と風をしっかり遮断する耳栓。

オールラウンドなタイプで、荒い波にもしっかり対応します。

ステムにはフランジが付き、複数のウォーターブロック機能がついています。

一滴の水も通さないよう設計され、また、トリプルフランジを採用することで、より高い防水性を実現。

フレックスステムを採用することで、全体がより曲げやすくなっています。

耐久性も高く、何度も繰り返して使えます。

2.Oken Swimming Earplugs

音楽を聴くときに使うイヤホンのような見た目の耳栓。

ゴム製のフランジを一般的なものとは違い、より風の強いコンディション下でのサーフィンで威力を発揮します。

外れることは少なく、寒い日のサーフィンで、何度も着け直すこともありません。

完全には遮断できませんが、練習に支障が出るような雑音は防ぐことができます。

3.Bollsen Earplugs

 

人間工学に基づいたデザインで、すべての人の耳にフィットする耳栓。

荒波やプールの中でも水の侵入を防ぐことができます。

さらに、特殊なサウンドフィルター技術で、大きな音を効果的に遮断し、会話をクリアに聞き取ることが可能。

快適な着け心地で、抗菌性の高さも証明されています。

非常に使いやすく、オールシーズン重宝します。

 

4.Putty Buddies Floating Silicone Surf Earplugs

 

優れた調整機能で、すべてのサーファーが信頼して使える耳栓。

最大の特徴は、水中で紛失することがほとんどないこと。

落とした場合も水に浮き、カラフルなデザインからすぐに見つけることができます。

冷たい風や水から外耳道をしっかり守り、長時間、荒波の中でも耐えうる剛性を備えています。

5.Gooq Surf Earplugs

ソフトシリコン製で、汚れ、バクテリア、冷気を遮断する耳栓。

洗浄可能で、再利用できるので、使用後に耳栓を廃棄する必要がありません。

また、キャリングケースが付属しており、耳栓の保管ができます。

遮音性は標準より高いものの、耳栓自体は外さないので会話は可能です。

6.Docs Pro Earplugs

 

冷たい空気や水が耳の中に入らず、寒い時期に重宝するサーファーが多い耳栓。

シンプルな翼状のデザインで、装着も簡単です。

低アレルギー素材で長持ちし、また水に浮くという特徴があります。

締め付け感があっても聴覚を妨げないので、周囲の声や音はしっかりキャッチできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました