【海が似合う】世界で活躍する美人女性サーファー6名

サーフィンは東京五輪から正式種目になったことから、かなり注目されています。
そして世界のサーファー たちにも目が向けられていて、特に美人女性サーファー の存在が気になる人も多いようです。
誰が一番美人?なんて決められませんが、今回は女性サーファー の中で、活躍しながら目立ってキレイな美人さんをご紹介します。

スポンサーリンク

1.Coco Ho(ココ・ホー)

ココ・ホーさんはハワイのホノルル生まれで、家族(父親・兄・叔父)にサーファー がたくさんいたことと、ホノルルというサーフィンの本場で育ったことが影響して、7歳からサーフィンを始めました。

家族にサーファーがいると、生活の中でもいろいろ学べることがありますが、同時にライバル心も芽生えて来るようで、速く上達したいという気持ちに繋がっていったようです。

そして彼女がプロになってからも、良きライバルとしてアドバイスをもらったりする、大切な存在だったのです。

2.Quincy Davis (クインシー・デイヴィス)

View this post on Instagram

Surfing in warm blue water in a bikini – 10/10

A post shared by Quincy Davis (@quincydavis) on

ニューヨークのモントークが出身のクインシー・デイヴィスさん。
セレブの美人サーファーとしてよく知られています。

ニューヨーカーたちが憧れるような暮らしぶりで、ハングリーな気持ちはないと思いますが、それでも大会では好成績を出せるようにトレーニングを積み重ねてきました。

現在はサーフィンだけでなく、自身のショップ経営などにも力を入れていて、充実した毎日を送っています。

3.Tia Blanco(ティア・ブランコ)

View this post on Instagram

Sun time in China 🇨🇳 @raen

A post shared by TIARAH👑 (@tiablanco) on

View this post on Instagram

This morning ✨💞 with @ivanacook 📷

A post shared by TIARAH👑 (@tiablanco) on

ティア・ブランコさんはアメリカのプエルトリコ出身のサーファーで、完全菜食主義のためか、健康的な美しさが魅力になっています。

サーフィンの腕をあげるためにも健康な身体作りは大事ですし、美人にもなれて一石二鳥ですね。
またヨガにも長けていて、やはり内面からの美しさを大切にしているのだと思います。

サーフィンでは数々の大会で優勝や上位入賞を果たしていて、プロとしての活躍をしています。
まだ22歳ですからこれからが楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました