【これで安心】SUPを安全に楽しむためのアイテム

「SUPを始めたいけど実は水が苦手」という人は案外多いのかも知れません。それで「何か対策をとっておかないと心配!」だと思うのでしょう。そこで安全にSUPを楽しむためのアイテムをご紹介したいと思います。これで安心して楽しめますよ。

スポンサーリンク

ライフジャケット

View this post on Instagram

20209.28❣️ SUPで琵琶湖の白髭神社の鳥居⛩をくぐりました。 ボードに立つのに最初苦労しますが、一回コツを掴むと立てるようになります❣️今迄見てただけの鳥居を⛩くぐれて、最高👌 平日にも関わらず、参加さた方々が大変多く、とても楽しかったです😊 写真はインストラクターの方達が参加したみんなをランダムに撮ってくださったのを参加者全員がAIRDROPでデータをいただけますよ👍 楽しい思い出になりました❤️ で、今は筋肉痛NOW〜笑 #琵琶湖 #白髭神社 #sup #鳥居をくぐる #青空 #水遊び #ライフジャケット #楽しい一日 #琵琶湖が好き #滋賀県 #写真撮ってる人と繋がりたい #写真 #空 #空が好きな人と繋がりたい #雲 #波ウェーブ #波乗り #琵琶湖を渡る^_^

A post shared by まぁちゃん💖❣ (@maa_chaannn) on

「ライフジャケット」はSUPをする際にはとても重要な役目を果たしてくれます。装着は義務ではありませんが、水が苦手ではない人も、万が一のことを考えて装着するのが望ましいです。

そしてライフジャケットには携帯用のもの(インフレータブルタイプ)もあり、一般的な救命胴衣タイプのものとは全く異なる形で、腰に着用します。何かあったときには膨らまして使うことができ、何もないときは縮んだ状態なので身体を動かすのも楽ですし、圧迫感がないので最近人気があるライフジャケットです。

膨らませる方法には自動と手動があり、SUPのように水に触れる可能性がある場合は、手動式がオススメです。(自動式は水を感知すると膨らんでしまいます)

スマホ・携帯電話

View this post on Instagram

台風の影響か風が強く、釣りにくい釣行になりました😊   風が強いとラインが風で流され、ボトム(底)も取りにくくなります。   色々攻め方を変えますが、あえなく撃沈でした😅   これだから釣りは奥が深い。   今回はあまり人が訪れない場所での釣りでした。  人が訪れない=魚がスレてない   魚がスレてないということは爆釣になることも!  ということで期待してましたが😅  また反省をして次回の釣行に備えます✋  p.s メンバーさんのバイナリートレード履歴とオンライン講義の模様をご覧ください👍 —————————————————— 日本一のTRADERS CLUBを目指して、FXとバイナリーオプションを教えています👍 在籍約800名の生徒さんの実績をこちらでは公開しております!  投資に関する情報、私の実績、投資の重要性などの有料級の情報を【OFFICIAL LINE】にて定期的に配信しております。 是非追加してみてくださいね😄  【登録方法】 LINE@🆔 :@ 197nytgx(@をお忘れなく!) または、👇をクリック(プロフィール内のURLからご登録ください) @lci.0805  ————————————————  #管理職#中間管理職#役職#バブル期#携帯電話#ポケベル#イタ飯#おたく族#オバタリアン#財テク#ティラミス#プールバー#13シルビア

A post shared by 高野誠/LCI講師 (@lci.0805) on

SUPは簡単に乗れるのが良いところですが、ボードが軽くて風が吹くと流されやすいのが危ない点です。そしてSUPをするのに適していると言われる湖や湾などでは、想定外の強い風が吹く可能性があります。

もし一人でSUPをしていたら、自分がどこに向かって進んでいるのかわからなくなりますし、海の場合は沖に出てしまう事もあり非常に危険です。そのためにはまず一人で行動しないということが基本になりますが、もしも流されてしまったら助けを呼ぶ必要があるので、携帯電話やスマホなどを忘れずに持参するようにして下さい。

パニックになって落としてしまわないように、防水のポーチなどに入れて身につけておくと良いでしょう。

リーシュコード

「リーシュコード」とは足とボードを繋ぐもので、大切なボードが流されてしまうことを防いでくれます。慣れないうちは邪魔だと思うかも知れませんが、とても大事なものなので必ず使って下さい。

またリーシュコード はウレタン製のものが殆どで、意外と早く劣化するのが特徴です。なのでSUPに行くことが決まったら、リーシュコードが使える状態かどうか見ておきましょう。紫外線や海水などで亀裂が入っていたり、既に切れてしまっていることもあるので、しっかりと点検することを習慣付けるようにしておくことが大事です。予備も用意しておくと更に安心感がアップしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました