【2024年に期待】今注目したい 世界の10代イケメンサーファー TOP7

2020年東京オリンピックより正式種目となる「サーフィン」。
2024年のパリオリンピックでも採用されることが決まっており、俄然注目度が増しています。
そんなサーフィン界で、注目した10代のイケメンサーファーをランキング形式でご紹介します。

スポンサーリンク

7.Crosby Colapinto(クロスビー・コラピント)

2001カリフォルニア州サンクレメンテ出身のプロジュニアサーファー。

2019年3月、地元カリフォルニアで行われた「QS1500 Jack’s surfboards Pro」では、見事に優勝を勝ち取っています。
その年の「ジュニアツアーランキング」では9位をマーク。

美しい金髪がトレードマークのイケメンは、すでに自分のサーフスタイルを確立しており、今後ますますの飛躍が期待されます。

6.Raul Rios(ラウル・リオス)

View this post on Instagram

👣

A post shared by Raul Rios Dañino (@raul_rios) on

南米・ペルー出身のプロジュニアサーファー。

18歳未満の選手が集う、「2019年南米ジュニア選手権」のチャンピオンで、「2019ジュニアツアーランキング」では17位をマーク。

南米屈指のイケメンとしても知られ、最近では欧米での人気も急上昇中。
ここ数年で、一気に実力を高めており、今後は、より上のカテゴリーでの好成績も期待されます。

2024年のパリオリンピックでは、ペルー出身サーファー初の出場を目指します。

5.Luke Slijpen

南アフリカ・ケープタウン出身のプロジュニアサーファー。

2018年に行われた18歳未満の世界大会「ISA 世界ジュニアサーフィン選手権 (2018 ISA World Junior Surfing Championship)」で3位に輝くなど、実績も豊富です。

やさしい笑顔が印象的な色白イケメンは、日本人好みのルックス。

「2019ジュニアツアーランキング」では、一桁の9位をマークするなど、今後の活躍が楽しみな若手です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました