【春・夏サーフィン】紫外線を気にせず楽しめる便利なサーフキャップ6選!

一年中楽しむ方も少なくないサーフィンですが、春や夏はどうしても紫外線が気になりますよね。

 

そこで今回は、紫外線を気にしないで楽しめる、おすすめのサーフキャップを厳選して6点ご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.Billabong Surf Bucket Hat

発売されると瞬く間に世界中で大人気となったアイテム。

季節を問わずオールラウンドに使えますが、強力な抗UVフィルター機能も備え、紫外線の気になるシーズンには大活躍。

鼻から首にかけて360度しっかりカバーしてくれるので、安心感が違います。

伸縮性があり、他にはないフィット感も魅力。

速乾性にも優れており、快適にウォータースポーツを楽しみたい方にもおすすめです。

2.Hurley Men’s Phantom Vagabond Elite Bucket Sun Hat

落ち着いたカラーとシンプルなデザイン性で話題のアイテム。

素材はポリエステル99%とスパンデックス1%。

速乾性に加えて伸縮性にも優れています。

SPF値は「50」ですが、つばの広さは標準的なので、完全に紫外線を遮断できるわけではありません。

軽くて動きやすく、「半分日焼けを楽しみたい」という方におすすめです。

3.Dakine Surf Cap

 

この投稿をInstagramで見る

 

eL & haziq second(@elzhiq_shop)がシェアした投稿

Dakineのシンプルながらも紫外線対策にはありがたい機能が詰まったサーフキャップ。

SPF値は「50+」をマークし、直射日光をシャットアウト。

軽くて邪魔にならないデザインのため、とにかく動きやすく、持ち歩きにもとっても便利です。

顔の表面・耳にかけてはほぼ完ぺきに紫外線から守ってくれますが、首元や背面にかけては他の対策が必要になります。

4.Dakine Kahu Surf Hat Black

被っていることを忘れてしまうほど軽量なサーフハット。

それでいてSPF値は50+と強力。

一年中活躍しますが、通気性がよく、特に気温の高い日にぴったりです。

簡単に折りたたんで使うことができ、泊りがけの際にも重宝します。

ウォータースポーツはもちろん、トレッキングやハイキングなどでも使えます。

5.Everyday California Waterproof Snapback

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robin Capili(@robincapili)がシェアした投稿

アビエーターグレードのサテン生地で作られているハット。

UV機能と共に、強力な防水加工が備わっています。

水に落としてもしっかり浮き、中に浸かることはありません。

軽くて邪魔にならないので、競技中もとっても快適。

デザイン性も被り心地もいいので、キャップが苦手な方にもおすすめです。

6.Kaiola Surf Hat

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kaiola Surf Hat(@kaiola.co)がシェアした投稿

カラフルでスタイリッシュなキャップタイプのアイテム。

最大の特徴は通常のものと比べてつば部分が長く、顔の表面の日焼けを大きく防げる点。

つばが長く広いので、「少し邪魔だな」と思ったときには調整できるのもメリット。

さらにダックダイブ(ドルフィンスルー)にも対応しているので、サーファーの方には特におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました