【SUP】アメリカの美女パドラー、ジェイド・ハウソンを徹底解剖!

 

 

スポンサーリンク

ジェイド・ハウソンのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

jadeleilani howson(@jadehowson)がシェアした投稿

名前:Jade Leilani Howson

生年月日:2002年

出身地:アメリカ・カリフォルニア州ラグナ・ビーチ

国籍:アメリカ

好きな食べ物:チョコレート

趣味:サッカー、ウクレレ

スポンサー: Riviera paddle surf, O’Neill,SIC Mauiほか

主な戦歴:
【2019】APP World Tour 8位
【2018】ISA World SUP Championship 優勝

 

2018年大会の優勝で一躍有名に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

jadeleilani howson(@jadehowson)がシェアした投稿

父・ロバートさんの影響で幼少期にSUPを始めたジェイド・ハウソン。

2018年(当時16歳)に行われたSUPレース・ジュニアワールドチャンピオン(ISA World SUP Championship)で優勝し、一気に注目を集めるようになりました。

それまで国を背負った経験がなかったことから、最初は緊張と不安から過呼吸になり、コース上で気絶してしまったこともあったそうです。

この大会前にはかかとを痛めてしまうなど、万全の状態ではありませんでしたが、低かった前評判を覆し優勝。

実は彼女、祖母が中国出身なんです。

そのため、同国で開催された大会での優勝ということもあり、うれしさもひとしおだったそうです。

頭脳明晰パドラーにオフシーズンは無い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

jadeleilani howson(@jadehowson)がシェアした投稿

彼女のSUPキャリアはとてもユニークなもので、学業に力を入れる両親のもと、宿題が終わっていないとトレーニングさせてもらえなかったそうです。

インタビューでも度々答えていますが、常に「学業」が第一。

勉強の合間を縫って、週に2日はジムに通い、3日は放課後に海に出て行く生活を送っていました。

それでも順調にキャリアを重ね、国を代表するようになります。

他の多くの競技と違い、一年中行えるためオフシーズンはありません。

常に体を整え、大きなレースに向けて準備を重ねています。

ハウソンが語るSUPの魅力

 

この投稿をInstagramで見る

 

jadeleilani howson(@jadehowson)がシェアした投稿

女子サッカー大国であるアメリカ出身のハウソン選手。

幼少期はサッカーに夢中で、しかもかなりの腕前だったそうです。

ただ、やはりSUPの魅力が勝ったようで、「どこに行っても新しいつながりが生まれます。コミュニティのようなものです。とても家族的で、みんなが一緒にいてくれます。誰もが私を知っていて、誰もがお互いに助け合おうとします。」と語っています。

さらに若い女性に対しても、「人に言われてやりたいことができなくなる、なんてことがあってはいけません。あなたはまだ若すぎるとか、あなたは十分な能力を持っていないとか言う人はどこにでも必ずいます。」と、人の目を気にせず、ぜひSUPの世界に飛び込んで来てほしいと希望も語っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました