【東京2020】平野歩夢選手のスケートボードの実力とは

実はギネス認定者

平野選手が当時15歳の時に初めて出場したソチオリンピックで銀メダルに輝いたのはスノーボードをやっている人はほとんどが知っていることだと思いますが、実はギネスにも認定されているんです。

史上最年少でメダリストになった人がいないからなんですね!!

オリンピックという大舞台で15歳の子供がメダルを取るんですから、それはギネスに認定されてもおかしくないですよね!!

契約スポンサーもすごい!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

AYUMU HIRANO(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿


スノーボード・スケートボードの両方で一流の平野歩夢選手。

当然ですが、契約するスポンサーもすごいんです。

代表的なスポンサーとしては、まず、「BURTON(バートン)」が挙げられます。

数多くの界的アスリートとも契約している同社ですが、平野選手と契約したのは彼がまだ小学4年生の時。

もちろんこれは極めて異例のことでした。

テレビCMにも出演し話題となった「ユニクロ」と契約していることも、二品では広く知られていると思います。

さらに、競技中に着用する「NIKE」製のシューズは、平野選手の安定したパフォーマンスを支えています。

他にもOakleyや木下グループなど、国内外の有名ブランドと多くの契約を結んでいます。

まとめ

以上が平野歩夢選手の紹介でした。

スノーボードでメダリストになり有名になった人がスケートボードでオリンピック参加するのがまず驚きですが、自分の可能性を広げていることが凄いですね!!

年齢もまだ若いので、これからもっともっと活躍すること間違いないと思うので、是非頑張ってもらいたいですね。

2020年のオリンピックは新競技が多いので、今まであまり見たことのない競技も見れるので、注目度はこれまでのオリンピックと全然違うと思うので、是非選手達には日本の代表として良い成績を残して欲しいです。

そして、平野選手のメダルにも期待ですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました