【東海地方】おすすめのスノーボードゲレンデ・エリア 3選【積雪が多い】

3.ホワイトピア高鷲

次に紹介するのは、こちらも岐阜県郡上市にある『ホワイトピア高鷲』です。

こちらは、隣に鷲ヶ岳スキー場があり、隣接しているゲレンデですね。
通称『ワシトピア』とも呼ばれています。

共通リフト券も販売しているため、かなり広いコースで優雅に滑ることができます。
山頂からの景色はとても絶景で、混雑もしないので初心者には最適だとおもいます。

店内の施設には大浴場などもあるので、ボードの疲れを癒すこともできます。
ボードやスキーなどを滑った後に是非おすすめですよ。

是非行ってみてください。

 

以上が積雪が多いスノーボードができる場所の紹介でした。

積雪が多い場所は危険度が低く、安全なので初心者には最適です。
特に岐阜は、山の方なので雪が積もりやすくてパウダースノーになりやすいのでおすすめですよ。

西日本最大の鷲ヶ岳は1度は行ってみても損はしないとおもいます。

東海地方以外の人は少し遠いかもしれませんが、是非おすすめです。
来る道中にサービスエリアで美味しいものを食べたりするのもいいですよ。

今年の冬は是非ゲレンデで楽しい思い出をたくさん作ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました