【スノボーはここに決まり】雪質が自慢の北信越のおすすめゲレンデ6選

5.斑尾高原スキー場(長野県)

この投稿をInstagramで見る

Today’s #madarao #まだらお #斑尾 #斑尾高原 #斑尾高原スキー場

Madarao Mountain Resort(@madarao.ski)がシェアした投稿 –

「斑尾高原スキー場」は初級者から上級者まで、それぞれのレベルに対応したコースレイアウトが特徴です。

山頂付近は中・上級者コースがメインになっていて、目の覚めるような景色を見ながらクルージングを楽しむことができます。

また麓には初級者コースがたくさん集まったエリアがあり、いろんな特徴のあるコースを楽しみたいボーダーにもおすすめです。

1月から3月のトップシーズンにはパウダーエリア、ツリーランコースがオープンし、多くのパウダーフリークが訪れます。

斑尾高原スキー場

6.イオックス・アローザ(富山県)

スイスの都市「アローザ」と姉妹提携にあり、欧州リゾートの洗練された雰囲気が漂う「イオックス・アローザ」。山頂から見る砺波平野の散居村の眺めには圧倒されます。

 医王山に広がる景色は四季を通じて楽しむことができ、夜景を満喫できるゴンドラナイターも魅力です。

ウインターシーズンはそれぞれに特徴のあるゲレンデで、初心者から上級者まで幅広く楽しむことができます。
スノボーの全面滑走ももちろんOK。 常設のハーフパイプやレール等も充実しています。

イオックス・アローザ

 

北信越のスキー場はとても多いのでどこに行こうか迷ってしまいますが、雪のある間は存分にスノボーを楽しめそうです。

雪質に自信があるスキー場ばかりなので、どこに行ってもハズレなし。
ガッカリするようなことはありません。

スノボーの後にくつろげる場所もたくさんあるので、仲間や家族で冬を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました