【関西・中部エリア】初心者スノーボーダーにおすすめのゲレンデランキング TOP8

6.洞川スキー場

この投稿をInstagramで見る

#洞川スキー場 #自宅から1時間

森本 守(@mo_ri_0715)がシェアした投稿 –

奈良県でスキー・スノーボードが楽しめる唯一のゲレンデ。
こじんまりとしたスキー場で、平日はハイシーズンでもびっくりするほど空いていることもある”超穴場”。

場所がら積雪量が多いとは言えませんが、100%天然雪のゲレンデが楽しめます。

近くに駐車場もありますが、せいぜい数十台が限界。

アクセスも良いとは言えず、主に県内からのお客さんとなりますが、周りに邪魔されず、自分のペースで楽しみたい方には最高のスポットです。

5.国境高原スノーパーク

琵琶湖の西岸にあり、初心者向けコースが多いことから、こどもや女性客を中心ににぎわうスキー場。
キッズエリアも二箇所設けられており、小さなお子様のいる方にも安心です。

また、ゲレンデと駐車場が繋がっていることもあり、車でのアクセスがいいのも特徴。

しかし、近年は雪不足に陥ることも珍しくなく、今年は2月下旬から一時営業が中断されました。
ゲレンデに向かう際には予め積雪情報などを確認しておくのがおすすめです。

4.びわ湖バレイ

この投稿をInstagramで見る

ご馳走 #景色 #今年も #びわ湖バレイ #琵琶湖 #sky #地球は青かった #snowboarding

ma-(@yurukuyoga)がシェアした投稿 –

滋賀県は琵琶湖の西側にあるスキー場。
関西・中部のどちらからもアクセスがよく、週末には多くの客でにぎわいます。

コースは、初級、中級、中上級、上級、そしてキッズエリアと細かくレベル分けされているので、誰でも安心して滑ることが可能です。

また、「スノーボーダー専用スクール」も開催されており、一から基礎を身につけたいという初心者にも安心。
大阪や京都にお住いの方なら日帰りで楽しむプランもおすすめです。

土地柄、オープン直後は人工雪の割合が多くなりますが、ハイシーズンには上質な天然雪の上で滑走が楽しめます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました