【おすすめ】知っていると得する!スケボー初心者のデッキの選び方

ウィールにも注目しよう

ウィールはスケボーのタイヤのことを言います。滑るためには必要不可欠のパーツですね。

ウィールはデッキと同じく、大きいウィールのほうが安定性が増してスピードも出やすくなるというメリットがあります。ですがトラックの高さに合わないくらい大きいものになると転倒する可能性が出てくるので、トラックのタイプも考えて選ぶことが大切です。

一般的に初心者の方で、スケボーパークやストリートでの滑りに適しているのは、52mm程度のウィールになります。

また幅が広いウィールは接地面積が広いので、スケボーパークのように凹凸が少ない場所でも安定した滑りをすることが可能です。

ベアリングを選ぶ

View this post on Instagram

何を作ろうかな!😄👍 先日、会社の廃棄処分品置場で見つけた、歩行器用のウィール4個。まだ綺麗だし、ベアリングも付いてる!スケボーのベアリングとサイズが違うのでスケボーからの流用は不可能。幅もだいぶ広い。ベアリングの穴のサイズはスケボーと同じでした!😃👍と言うことで残念ながらスケボーのトラックには取り付けられないです!😱💦こうなれば、トラックを作るしかない!😃👍頭の中では、すでに設計図と完成イメージは出来ているので、あとは部品を探す🔎だけです!ただ、ホームセンターにイメージ通りの部品があるかどうか?手作りの新しい乗り物が完成するか、しないかは、ホームセンターさん次第です!😅👍 #スケボー #スケートボード #ロンスケ #ロングスケートボード #手作り #ホームセンター #歩行器 #ウィール #ベアリング

A post shared by kudo junichi (@junichi.kudo) on

ベアリングはウィールの左右に取り付けるナットの様なもので、心地よく滑るために重要なものです。一つのウィールにつき、2つのベアリングが要るので、全部で8個のベアリングが必要になります。

ベアリングの回転のしやすさを決める規格のことをABEC(エイベック)と言います。スケボーで使われるベアリングは一般的には3・5・7の3種類になり、数が大きいほどスピードが出る様になります。でも初心者の方が早いベアリングを使うと危険な事になりかねないので、まずは3から始めて慣れてきたら数値の高いベアリングに交換していくことが望ましいと思います。

またベアリングには時々メンテナンスをしなければならないものもあるので、自分のベアリングはどんなタイプなのか知っておくことも大事です。

デザインを選ぶ

さぁいよいよお楽しみのデザイン選びをしましょう。自分好みのものや個性的なもの。ブランドもたくさんあるのでついつい目移りしてしまいそうです。

もちろん人気のデザインが良いのは分かりますが、価格も考慮しなければならないので、じっくりと選ばないと後で後悔する事になるかも知れませんね。

スケボーの先輩が身近にいるならアドバイスを貰うのも一つの方法ですし、お揃いのデッキにするのも楽しそうです。

いろいろ考えながら自分にぴったりのデザインのデッキを探して、どんどん練習すれば上達のスピードも上がりそうですし、何よりスケボーのことが大好きになることでしょう。

このようにデッキのデザインは、乗る人のテンションを上げてくれるので、デッキ選びのキモになります。お店で実物を見るのも良し、通販サイトから選ぶのも良しなので、根気よく探してみましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました