【若くて元気】スノーボード三木 つばき選手まるわかり

<経歴>

View this post on Instagram

帰国してメディカルチェックやアップメニュー、フィジカルの見直し、ヨガを通して心を整えることを体験し、この二日間は雪上に立ちました。 お世話になったみなさん、ありがとうございました。 撮られる風景の写真がすごく好きだった渡部さんに写真を撮っていただけたり、四年ぶりに父と先輩と滑ったり、小さい頃からよく行っていたイエティでまた滑れたりと嬉しい二日間を過ごせました。 父と滑ると決めてから父はずっとワールドカップの滑りを見てすごく勉強していました。道具の準備も細かくして山から帰ってきてからも道具や体を大事にしながら滑りを振り返って課題を整理しているようでした。 今季は滑りをより良くするために、コーチがいない状況では私なりに滑りを分析をするように努めてきましたが、 父の探究心の強さを見て、私も常に探究する気持ちを持ち続けたいと思うようになりました。 コーチともそういう滑りのより高いレベルの会話ができるような選手になりたいです。 明日からの遠征は毎週土日に大会に参加させていただけます。 一月の良くなかったことを繰り返さず、一日も早く自分の滑りを取り戻して、さらに速くなります。 また気持ちを切り替える強さを持ってのぞみたいとおもいます。 応援よろしくお願いします。 #cataler #掛川自動車学校 #三木つばき後援会 #KESSLER #Ironrock #UPZ #adidassportseyewear #gallium #BMZ #FiT #activategym #patagonia #東京西川 #BANDEL #山昇 #GlobalWiFi #gobeyonder #いさしの米 #tsubakimiki #輝くかけがわ応援大使 #alpinesnowboard #alpinesnowboarding #snowboard #snowboarding #gotobeijing2022

A post shared by Tsubaki MIKI (@plus3camelia) on

お父さんの影響で4歳からスノーボードを始めた三木さん。

元々の素質もあったためか、幼稚園児の頃に特例として参加した女子小学生のスノーボードの草レースで、なんといきなり3位に入賞し、スノーボードの世界に一気にのめりこみました。

小学生になると世界に目を向けるようにもなり、この頃からオリンピックも意識し始めていたようです。

また小学3年生の頃からはアルペンを始め、冬場は練習のため単身長野で過ごすということもしています。

さらにオリンピック出場経験のある野藤優貴コーチの指導のもと、海外で年間120日、国内でも30日以上の練習をしています。

そして小学6年生の時にプロ認定も取得しているので、いかにスノーボードが好きなのかわかります。

また2019年には「全日本スキー連盟ナショナルチーム」の強化指定U18にも選ばれているので、実力がしっかりと認められているのですね。

<これまでの戦歴>

View this post on Instagram

石井スポーツカスタムフェアに行き、来期のギアを見学しました。 ジミーさんや良子さん、白川さんにお会いでき、 少しの時間でしたが楽しくお話しさせていただきました! ジミーさんご夫婦と日本でお会いできたのは不思議な感覚でした。 すぐJISSに行き講演会でお話を聞かせていただきました。 金メダルを目指すにあたって、どういう気持ちで取り組むべきか、自分に足りないものは何かを見つけるヒントをたくさんくださり、とても勉強になりました! そして今日からまたJISSです。 たくさん追い込んできたいと思います! トレーニングも、ランニングやロードバイクで外を走れる時期になり、山の中を走ったり、キャタラー様との打ち合わせ後にロードバイクで帰宅したりといい汗がかけるようになりました(๑˃̵ᴗ˂̵) 肩や指の改造をしてから2ヶ月がたち、予定より順調だと先生方に言っていただいています!! なるべく早く雪上に立てるよう、残り数ヶ月頑張ります! 食事・間食も気をつけてとり+プロテインFUで増量中です! #cataler #掛川自動車学校 #三木つばき後援会 #KESSLER #Ironrock #UPZ #adidassportseyewear #gallium #BMZ #FiT #HESTRA #activategym #patagonia #東京西川 #airsleep #BANDEL #山昇 #GlobalWiFi #gobeyonder #いさしの米 #tsubakimiki #輝くかけがわ応援大使 #alpinesnowboard #alpinesnowboarding #snowboard #snowboarding #roadbike #trailrunning

A post shared by Tsubaki MIKI (@plus3camelia) on

・ 2017年12月 アルペアドリアスノーボードカップ(イタリア)PSL Schüler 2(14-15歳の部)   優勝

・ 2017年12月 アウディスノーボードシリーズ ナイトオープン(スイス)  GS 女子U15(15歳以下の部)  優勝

・ 2018年  1月 アルペアドリアスノーボードカップ(オーストリア)     PSL Schüler 2(14-15歳の部)    優勝

・ 2018年  1月 ブラックパールカップ(登別)※プロ初戦   GS                            優勝

・ 2018年  1月 アルペアドリアスノーボードカップ(イタリア)GS  Schüler 2(14-15歳の部)  優勝

・2018年12月 NorthAmericanCup(北米選手権) 第1戦 PGS 優勝

2019年3月 全日本ジュニア選手権           GS 中高生総合 優勝

これはほんの一部です。

<スポンサー>

View this post on Instagram

3月23,24日に、今シーズン最後のWCとチームイベントがありました。 日本からたくさん応援してくださり、ありがとうございました! ですが、ご期待して頂いたにもかかわらず、結果は惨敗でした。 滑り自体は悪くありませんでしたが全体的に遅く、またいくつかのミスによりタイムも悪く、予選2本目に進むことはできませんでした。 1日目、全く収穫がなかったとは言いませんが、今年の大会の中で最も収穫がなかった試合になりました。 自分が情けなさすぎて涙も出ませんでしたが、世界で最も早い選手たちが全員集まっていて、目の前で試合をしている、その状況がすぐに私を切り替えさせてくれました。 少しでも見て盗めるものはないかと、ノートとペンを持って、選手の滑りを見ていました。 私の滑りとは全く違う点がいくつもあり、滑りを見るだけで勝てないと感じるのはすごく悔しかったです。 2日目のチーム戦でも思うような結果は出ず、なんの結果も出せなかった1週間になりました。 応援してくださっている皆さんには、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 今遠征中、最も難易度の高い試合は終了しました。 残り8戦です。 全ての大会がとても大事で、価値のある試合です。たくさんある課題を1つずつクリアし、毎日成長していきたいです。 また、WCでトップとの差がはっきりとわかりました。 この差を、来年の今日までにどれだ埋められるか、埋めるためにはどうしたらいいかを探しながら、これからの遠征に取り組んでいきたいと思います。 次の試合も頑張ります! #cataler #掛川自動車学校 #三木つばき後援会 #KESSLER #Ironrock #UPZ #adidassportseyewear #gallium #BMZ #FiT #activategym #patagonia #東京西川 #BANDEL #山昇 #GlobalWiFi #gobeyonder #いさしの米 #tsubakimiki #輝くかけがわ応援大使 #alpinesnowboard #alpinesnowboarding #snowboard #snowboarding #worldcup #weltcupwinterberg #weltcup

A post shared by Tsubaki MIKI (@plus3camelia) on

チューンナップサービスFit

adidas eyewear

F2 SNOWBOARDS

GALLIUM(WAX)

ogether Alive

BANDEL

UPZ

BMZ

株式会社キャタラー

など、小学3年生の頃から様々な業界の会社とスポンサー契約をしています。

<まとめ>

View this post on Instagram

つばき つなぐ /  東京2020オリンピック聖火リレー🔥  静岡県聖火ランナーとして 三木つばき選手が選ばれました👏  東京2020聖火リレーのコンセプトは ——————————– Hope Lights Our Way 希望の道を、つなごう ——————————– 沿道で聖火と、つばきスマイルを見送りましょう🇯🇵   ※掛川市は6/24(水)午後の予定  ▼聖火リレールート(静岡県)  6/24(水)~6/26(金)  (スタート) 湖西市新居町の新居関所跡前  (6/24) 浜松市中区で静岡文化芸術大、袋井市でエコパスタジアム内、掛川市で掛川城大手門などを走る  (6/25) 牧之原市の富士山静岡空港や長泉町の県立静岡がんセンターを回り、沼津市では飛龍高校グラウンド前からスタート  (6/26) 3日目に下田市の開国記念碑や伊豆市の修善寺小学校前を通り、富士山本宮浅間大社(富士宮市)でゴール     #三木つばき @plus3camelia #東京2020 #オリンピック #聖火ランナー #静岡県 #掛川   

A post shared by キャタラー (@cataler_official) on

三木さんはとても明るい性格で人懐っこい反面、これだ!と思ったものには一途になる考え方を持っているようです。

小学生の時からスノーボードと学校の両立を続けてきて、色々と大変なこともあったと思いますが、家族の支えもあって乗り越えてこれたのだと思います。

現在は高校生のスノーボーダーとして活躍されていますが、メディアにも注目されていて、テレビやラジオなどの出演もされているようです。

目指すは2020年の北京オリンピック。今の勢いで怪我のないように注意しながら、練習に励めばメダルの夢はかなうのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました