【関西・中国】ナイター設備の充実したゲレンデランキングTOP7【スノーボード】

3.峰山高原リゾート ホワイトピーク&グリーンピーク

View this post on Instagram

#峰山高原リゾート #オープンまであと少し おはようございます❗️ 昨日はたくさんのお客様が遊びに来てくれました🙌 ありがとうございます😊  12月30日(月)の営業のお知らせ💁‍♀️ 積雪不足の為、オープン延期とさせていただきます💦 楽しみにしてくださったお客様には大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ち下さい  本日もキッズパークは無料開放しております🙌🎶 通常キッズパーク入場料1000円→無料‼︎ 営業時間:9時〜16時予定 ※こちらのエリアは雪遊び専用となっており、スキー・スノボ板はご利用いただけませんので、予めご了承くださいませ  ピークスビレッジ2階のレストランも営業しています😆 ピークスダイニング営業時間🍜 10:00~14:00ラストオーダー  今年大注目の関西初出店「東京豚骨ラーメンばんから」やホットタピオカミルクティー、ご当地プリン「HYOGO KAMIKAWA 峰山高原プリン」も購入できます👌  2019年も残りあと2日‼️ 皆様のご来場お待ちしております✨  #ばんから #タピ活 #ご当地プリン #スキー #スノボ #スキー場 #ゲレンデデビュー するなら #峰山高原リゾートホワイトピーク #兵庫県のど真ん中 #神河町 #西日本最大級 の #キッズパーク #雪遊び におすすめ! #ナイターゲレンデ もあるよ! #峰山高原ホテルリラクシア  #JAPAN #Hyogo #osaka #ski #滑雪勝地 #mineyamakogen #kamikawa

A post shared by 【公式】峰山高原リゾート (@mineyama_kogen_resort) on

兵庫県にあり2017年にオープンした、“日本で最も若いゲレンデ”。
大阪や京都からのアクセスも抜群のため、シーズン中は平日でも混雑します。

人工降雪機&ナイター設備完備のため、常に安定したコンディション下でスノーボードを楽しむことが可能です。

売店、キッズパークなど施設も充実しており、清潔な点でも女性スノーボーダーから高い支持を集めています。

アクセスのよさに加え、レンタルショップも充実していることから。日帰りで楽しみたい方にもおすすめのゲレンデです。

2.六甲山スノーパーク

兵庫県神戸市の六甲山にあるスキー場。
営業は、前回の東京オリンピックが行われた1964年からと、日本屈指の歴史を誇ります。

営業期間は、例年11月中旬から翌年の4月下旬頃まで。
22時までナイター営業も行われており、期間中は平日でも激しく混雑することも。

強力な人工降雪機を駆使して、早い時期よりウィンタースポーツを楽しむことができるため、日本人はもとより外国人にも人気があります。

コースは3本と少なめで、完全な上級者コースがなく、初心者にもおすすめのゲレンデです。

1.神鍋高原 奥神鍋スキー場

“オクカン”の愛称で知られる兵庫県神鍋高原にあるスキー場。
天然雪を楽しめる時期も多く、万が一雪不足になったときには、人工降雪機がフル稼働。

そのため、関西エリアでは珍しく、オープン直後より積雪量が多く、最高のコンディションでスノーボードを楽しめます。

さらに、スノーボードも全面滑走であるため、県外から訪れる客が多いのも特徴です。

初級から上級者向けコースまでバランスのいい構成となっていますが、全体的には中級者以下向けとなっています。
ゲレンデ中腹部より上から望む景色は雄大です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました