【男性注目!】かっこいい男性スケーターのファッションブランド6選

4.Only NY(オンリーニューヨーク)

2007年ニューヨークのアッパーウエストサイドで誕生したのが「Only NY」です。
ミカ・べラマリッチとジュリアン・ゴールドスタインがデザイナーを務めるニューヨーク・ニューカジュアルブランドとして知られています。

新鮮なグラフィックが魅力のプロダクトは、次世代ブランドとして設立初期から高い注目を集めてきました。

これからのニューヨークを代表するブランドになりつつあるので、今後の活躍が注目されるブランドの1つです。

5.HUF(ハフ)

View this post on Instagram

You're Born, You Live, You Die. #DBC #hufworldwide

A post shared by HUF (@hufworldwide) on

「HUF」は2002年に創業したアメリカのスケーターファッションブランドです。

創業者兼デザイナーを努めているのは、プロスケーターとしても活躍したキース・ハフナゲル氏で、当時世間から冷たい風当たりにさらされていたスケーターボードを、現在の地位まで向上させたレジェンド的スケーターとして有名です。

「HUF」のアイテムは、スケ―トボードを乗りこなす際に生じる激しい動きにも耐えられるように工夫されていて、縫製や素材選定にもこだわりをもって作成されています。

6.RIPNDIP(リップンディップ)

「RIPNDIP」はスケートスポットで技をきめた後にすぐにその場を去るという意味をさす言葉である、「Rip and Dip」から来ていて、中指を立てた猫(ロードナーマル)がブランドのアイコンです。

「少し馬鹿げていて、人を笑わせられるようなデザインにすること」というデザイナーの思いが込められています。

2019年2月に日本1号点がオープンし、店内には巨大なロードナーマルのソファーやアートワークを全面にあしらったカーペットなどが設置されています。

開店すると同時にスケーターが集まり毎日賑わっています。
ロードナーマルが至る所にいて店内は楽しい空間になっています。

 

いかがでしたか?どのブランドも個性的で目立つものばかりでしたね。
これからスケートボードを始めてみようと思っている方は、ぜひ参考にしてアイテムを選んでください。

まず形から入るということも大事なので、自分に合うのはどのブランドなのか、いろいろ見て考えるのも楽しいですよ。
国内にある実店舗巡りも良いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました