【2022北京五輪】フィギュア・岩野桃亜の読み方は?韓国人?国籍や経歴を紹介!

岩野桃亜の契約スポンサーは?

View this post on Instagram

宜しくお願い致しますm(__)m

A post shared by Moa Iwano (@moa__iwano_) on

将来が期待される岩野桃亜さんが、現在契約を結ばれているスポンサーが気になるという方も、多くいらっしゃいます。

果たして、どんな企業と契約されているのでしょうか。
岩野桃亜さんは、今のところ大きな企業とは契約を結ばれていません。

フィギュアスケートの場合、遠征費や合宿費は基本的に自費となります。

そのため、企業とのスポンサー契約は重要です。
スポンサーがつかないことには、フィギュアスケートを続けることは難しくなります。

そこで、2019年5月、国内外遠征費用確保のため、岩野桃亜さんは「クラウドファンディング」をスタートさせました。

目標の350万円を超える金額が集まりましたが、華やかに見えるフィギュアスケートも、トップの選手以外は競技継続に苦労されています。

人気のあるスポーツとは言え、サッカー・野球に比べてある意味シビアな世界と言えそうです。

まとめ

View this post on Instagram

🙂

A post shared by Moa Iwano (@moa__iwano_) on

今回は、2022年の北京オリンピックでの活躍が期待される岩野桃亜さんを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

同世代には、すでに世界で活躍する選手もいますが、岩野桃亜さんにも、そういった選手に続く活躍が期待されます。
現時点で、日本・韓国どちらの国籍を選んでオリンピックに出場するかは分かりません。

ただし、これまでの経歴、SNSなどでは日本語しか使用していないことなどから、日本国籍を選ぶ可能性は高そうです。

現在15歳で、伸びしろしかないと言っても過言ではない岩野桃亜の、今後の活躍に期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました